「ドーナツキング」と呼ばれた男の波乱万丈人生

カンボジア難民がアメリカで栄光と挫折を知る

映画『ドーナツキング』はカリフォルニア州を中心に、ドーナツチェーン店「クリスティ」を立ち上げたテッド・ノイの数奇な運命を描き出すドキュメンタリー映画だ(東洋経済オンライン読者向け「オンライン試写会」への応募はこちら) © 2020- TDK Documentary, LLC. All Rights Reserved.

無類のドーナツ好きとして知られるアメリカ人だが、全米で2万5000以上あるドーナツ店のうち、約5000店がカリフォルニア州で営業している店舗だと言われている。そして、その90%がカンボジア系アメリカ人によるものなのだという。なぜカリフォルニアにそうしたコミュニティーが形成されたのか? そのルーツをひもとくと、そこには無一文でカンボジアからアメリカに渡ってきた、ひとりの男の驚くべき人生が隠されていた――。

カンボジア難民がドーナツチェーン店で財を築く

『ブレードランナー』『ブラック・レイン』の巨匠リドリー・スコットが製作総指揮を務める映画『ドーナツキング』(11月12日より全国順次公開予定)は、かつて総資産2000万ドル(約22億円)の財を築き、全米で「ドーナツ王」と呼ばれたカンボジア人、テッド・ノイの数奇な運命を描き出すドキュメンタリー映画だ。

10月29日(金)~30日(土)に独占オンライン試写会を実施します(上記画像をクリックするとオンライン試写会応募画面にジャンプします)

この作品の製作総指揮を引き受けた理由について「テッドのキャラクターに惹かれたからだ」と語るスコットは、「この作品は、われわれが生きるこの時代に重要な意味を持つ映画と言えます。難民がチャンスを得たとき、何が起こるのかをこの映画は示してくれるのです」と本作の見どころについて語っている。

本作の主人公であるテッド・ノイは1941年生まれ。カンボジア陸軍に従軍し、タイに赴任していた。しかし、1975年、彼が33歳の時、急進的な共産主義勢力、クメール・ルージュが首都プノンペンを制圧し、帰るべき故郷を失ってしまう。国に戻れば殺されてしまうかもしれないという状況の中、テッドたち家族は難民としてアメリカに渡ることを決意する。

次ページドーナツショップとの出会い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT