GLAY・TERUがコロナ禍に直面した「逆風と希望」 理想のアーティストに「小田和正」を挙げた理由

印刷
A
A
コロナ禍で満足に活動できない音楽業界。現状を変えるため、GLAYのTERUが投じる一石とは?(写真:長田慶)
この記事の画像を見る(4枚)

デビュー25周年を控え、50歳を意識した際、TERUの中で“揺るぎない思い”が芽生えた。

「誰にも負けない何かひとつほしいなと思っていて。サザンの茅ヶ崎とか素敵だな、GLAYも函館でずっと歌を歌っていくのがいいな」

GLAYは函館出身の4人組ロックバンドで、函館をテーマにした曲も多い。思い立ったらすぐに行動し、自前で函館にスタジオを構えた。

「函館で録った歌を全国のファンの子たちに届けることが、俺が唯一できることなのかもしれない」

アーティストの仕事をしていて最高を感じる瞬間は、「函館でレコーディングしている時」だと、間髪を入れずに答えた。

音楽業界の危機を救うべく“レジェンド”集結

日本を代表するロックバンドGLAY。90年代ビジュアル系ブームの中で登場し、「HOWEVER」「誘惑」などミリオンヒットを連発し、歴代CDアルバム売り上げ枚数第3位の記録を所持。伝説の20万人を動員した幕張のライブ「GLAY EXPO’99 SURVIVAL」で歴史に名を刻んだ。

1994年にメジャーデビューし、メンバー全員が50代に突入しようとしている。アーティストとしてさらに円熟期を迎えようとしていた際、エンターテインメントはかつてない逆風と向き合っていた。新型コロナウイルスの感染拡大によってデビュー25周年のフィナーレとして予定したドームツアーの中止など活動の制限を余儀なくされた。芸術・スポーツは「不要不急」と位置付けられた。

そんな逆風に立ち向かうべく、GLAYは2021年のテーマに「エンターテインメントの逆襲」というスローガンを掲げた。

「音楽をここで止めるわけにはいかないということで、ライブを無観客で撮り、それをWOWOWで配信するところから始まり。『Live at home』と題して、自宅などさまざまな場所から配信ライブをやりました。いろいろと試行錯誤をしながらやってはきたんですが、そろそろ有観客でやらなきゃいけない時期が来るだろうと」

ガイドラインをしっかり作って、エンターテインメントを届ける。ここから音楽業界を盛り上げていく。「エンターテインメントの逆襲」というわかりやすい合言葉を掲げてGLAYは、スタートラインに立とうとしていた。

その思いを後押しするかのように、レジェンドバンドB'zからの共闘依頼が届いた。

次ページ2年ぶりの有観客ライブでB'z、ミスチルと共演
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT