「平成のJ-POP」が令和時代に迎える変化の大波

音楽P・亀田誠治「ヒットの基準も変わる」

平成の音楽史と令和という新しい時代の音楽について語った音楽プロデューサーの亀田誠治(撮影:尾形文繁)
平成という時代に音楽業界の第一線でヒット曲を生み出し続けたのが、音楽プロデューサーの亀田誠治だった。前編では『「日比谷音楽祭」に懸ける音楽P・亀田誠治の真髄』として2019年6月1日・2日に開催される日比谷音楽祭の実行委員長としての思いを聞いた。後編では、平成の音楽史の振り返りとともに新元号・令和の時代に続く音楽業界の未来像をお届けする。(以下、文中敬称略)

「CDセールスがミリオンヒットを連発していた1990年代の黄金期、僕は街で鳴り響く流行歌やテレビの音楽番組を眺めては小林武史さんや小室哲哉さんすごいな、自分もいつかたくさんの人に聞いてもらえる音楽を作りたいな、と思いながら過ごしていました。

でも、今ではこれをラッキーだったと思っていて、アーティストの花が咲いては散っていく百花繚乱の様子を客観的に見ることができました。自分が音楽業界でどうなりたいかをじっくり考えられた時代でもありますね」

平成という時代の音楽史を振り返ると、1990年代~2000年代前半はレコードからCDへの変革、通信カラオケの登場、ダウンロード配信など、音楽業界は激変した。ミリオンセラーが続出し、絶頂期とも言われた時代だが、亀田誠治には飽和してしまったJ-POP界に新しい風が必要だと感じていたという。

歩んだ道のりを平成の音楽史とともに振り返りながら、令和という新しい時代に続く音楽業界の未来像を語った。

全盛期が過ぎ、時代は新しい風を求めた

「お祭り騒ぎのようにCDが売れ、カラオケでみんながそろって同じ曲を歌うことに、僕はどこか息苦しさを感じていて、このままこの形が続くはずがないと思っていました。これほどエネルギーがあふれた時代が続くと揺り戻しがきて、それまでにない新しい風を人々は求めるものです。そんな時代に登場したのが、椎名林檎さんや宇多田ヒカルさんだったのではないでしょうか」

音楽業界の新しい風として宇多田ヒカル、椎名林檎というアーティストの名前を挙げた(撮影:尾形文繁)

CDの売り上げピークを記録した1998年に東芝EMI(当時)からデビューした“同期”である、椎名林檎と宇多田ヒカルに共通するアーティストとしての魅力とは何か?

「“陰りや湿り気”でしょうね」

音楽業界を黄金期を謳歌したアーティストが陽のエネルギーにあふれていたJ-POP界において、2人のカウンターカルチャーが新時代到来の風穴を開けた功績は、現在の音楽シーンに脈々と培われているといっても過言ではない。

次ページ亀田誠治に宇多田ヒカルが与えた大きな影響
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。