山本彩が挑むアーティストへの飽くなき渇望

未踏の地ニューヨークで出会った新しい自分

10月2日、幕張メッセイベントホールで開催されたNMB48の8周年LIVEで新曲「僕だって泣いちゃうよ」を披露した。中央が山本彩(写真:(C)NMB48)

「音楽の勉強も兼ねて行ってきたんです。アジア圏以外にも行ったことがなくて」

アイドルからの卒業を決断した今年5月、NMB48の山本彩が短いオフを利用して向かった先はアメリカ・ニューヨークだった。

今回が連載第2回です。1回目はこちら(撮影:尾形文繁)

「実際に行って基本的にギターや歌のレッスンを受けたりしました。

ブロードウェイのミュージカルやボン・ジョヴィさんのライブなど、本場のものに触れて『これは日本ではできない経験だな』と感じて、視野が少し広まった気がしました。これといって自分は何もしていないけど『ちょっと自信ついた!』って感覚がありました(笑)」

感性のアンテナを張り巡らせ、真っ白な状態で好奇心のまま自分の知らない世界に身を委ねる。感動的な出会いや気づきは、山本彩を前進させる力を与えた時間になった。

ずっとずっと目指してきた一歩

それは、“無限の可能性”の言葉から始まったソロデビューの時も同じだ。

2016年10月、ファースト・アルバム『Rainbow』でシンガーソングライターデビュー。

幼い頃からの夢を叶え、NMB48に加入した当初から掲げていた目標を達成した瞬間でもあった。

初のソロアルバムリリースについて、「ずっとずっと目指してきたシンガーソングライターへの一歩。今、制作真っ最中ですがまだ夢みたい。皆さんに伝えられる事が、本当に嬉しい」と自身のTwitterで喜びも語った。

悲願のソロデビューだったが、制作期間中に気づいたことがある。

NMB48でのキャプテンとしてのポジション、求められる役割に徹し、プロデュースされる事に慣れてしまった代償として、本音の自分を見失っていたことだ。

「キャプテンというポジションもあり、自分よりもグループやほかのメンバーのことを考える時間がすごく長かった。それが一気に自分のことだけを考える時間が増えて、思っている以上に自分のことを知らなかった。人から言われることで、『あっ、自分ってそうだったのか』と気づかされました」

試行錯誤を乗り越えて山本彩は、1stアルバムに収められている「レインボーローズ」という楽曲を生みだした。

後世に残したい自身の楽曲を挙げるなら? という筆者の質問にも迷わず選んだ1曲だった。

次ページ花言葉は”無限の可能性”
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。