山本彩が挑むアーティストへの飽くなき渇望

未踏の地ニューヨークで出会った新しい自分

山本 彩(やまもと さやか)/1993年7月14日生まれ。大阪府出身。アイドルグループ・NMB48の1期生で、TeamNのキャプテンを務める。ニックネームは”さやか”。劇場公演、TV番組、ラジオ、雑誌など多方面で活躍。2018年7月30日にグループからの卒業を発表。将来の夢は歌い続けること(撮影:尾形文繁)

NMB48のメンバーとして、デビューをしてから8年間でのターニングポイントと話すソロ活動。

シンガーソングライターとしての飛躍の裏で、人知れず葛藤も抱えていたという。

それは、グループでもソロでも活躍する二刀流が可能な人間だからこそぶつかる壁なのかもかしれない。

「葛藤は、めちゃくちゃありましたね。ソロでやっていることで、『どっちも中途半端に思われたりはするのかな』って」

それでも山本彩がいない状況で、グループ内には自分の役割を見つけながら「グループでどうやって生きていこう」と気がつくメンバーも増えたり、ソロライブを通じて、メンバーに助けられていた事も実感したという。

ソロで得た経験を、グループにどう還元できるかを模索していた日々でもあった。

山本彩が素になれたニューヨーク

グループを卒業することを強く意識した理由として“AKB総選挙”を2年連続で辞退したことが挙げられている。

選挙を辞退した事で生まれた時間を使って初めてニューヨークに向かった。このまま井の中の蛙ではいけないと、刺激を求めて。

セントラルパークで何も構えずに、その場のノリでギターを片手に弾き語りを披露した。現地の人が立ち止まって山本彩の歌に耳を傾けた。

『イマジン』の記念碑で(ビートルズを)歌ってる人をマネしたりと日本ではなかなか出来ない経験もした。アイドルでもアーティストでもない素の時間を過ごしたことで見つけた方向性もあった。

「海外にいると余裕が持てるというか。決して日本が嫌とか、そういうことではなくて。海外で気を張らずに素の感覚でいられる状態の自分を、日本でもっと出せたらいいなってすごい思います。

日本と海外を行き来しながら、向こうのことも知って、それをまた持って帰って日本の邦楽の良さを知った上で曲づくりをしていきたい」

ニューヨークで見つけた新たな自信を引っ提げて、音楽活動での最大の挑戦と位置付けたMETROCK2018(メトロック)に出演した。

メトロックに出演した山本彩(写真:(C)Metrock 2018 Photo by 日吉”JP”純平)

春フェスの代名詞ともいえるメトロックが大阪(5月19、20日)、東京(5月26、27日)で今年も開催された。4日間で延べ約8万6000人のオーディエンスが集まり、日本最高峰の音楽に酔いしれた。

出演アーティストにはback number、エレファントカシマシ、サカナクション、UVER world、ゲスの極み乙女。、MAN WITH A MISSIONなど、計44組の豪華なラインナップが集結しそこに山本彩も肩を並べた。

「ずっとフェスに出るのを目標として音楽をやっていた」と語り、念願の初フェスにて1曲目に披露した「喝采」が、“#メトロック2018の神曲決めようぜ”のハッシュタグで投稿された楽曲の中から、最も多くの票が集まった楽曲に選ばれた。

「アウェーの初フェスだったのでもっとこてんぱんにされるかなって思ったんですけど。自分自身が、その気持ちを払拭してステージに立ったというのもあります。

実際、今まで立っていたステージとは全然違うステージで、景色の違いに、すごい奮い立たされた感じがしました。『ああ、この感覚久しぶり』みたいなワクワクした感情に変わりました」

次ページソロアーティストが成功するための狭き門
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT