山本彩の再挑戦、8年越しに歩む終わりなき夢

アイドル卒業から広がる未来への旅立ち

11月4日、NMB48を結成から8年間けん引してきた山本彩がNMB48劇場で卒業公演を行い、アイドル活動に終止符を打った(写真:©NMB48)

「私は、前から歌うことを仕事にしたいと思っていましたが、チャンスをつかめず挫折して、一度その夢を手放していました。でも、もう一度私に歌うことを許してくれたのがNMB48でした。

だから、この8年はNMB48にすべてを捧げて生きてきました。グループに対する責任感だけじゃなくて、自分の意思としてやりたいから、何よりも守りたかったからです」

今回が連載第3回です(撮影:尾形文繁)

10月27日の卒業コンサートで、集まった3万人のファンに山本彩が伝えたのは、NMB48でつかんだ自信と一途な“難波愛“だった。

その人の価値は、去り際で決まると言われる。山本彩の卒業の日に向けても多くの関係者が動いていた。

山本彩の卒業に花を添えた共感の輪

『卒業される山本彩さんに激励や応援のメッセージを届けませんか?』

投稿されたメッセージの中から抽選で150人の言葉が、27日(土)の読売新聞朝刊(大阪本社版)の別刷り1面で“素敵な思い出とたくさんの愛をありがとう”と紹介された。

山本彩の握手会風パネルが設置されていたSHIBUYA TSUTAYA(筆者撮影)

卒業シングルを記念し、SHIBUYA TSUTAYA(東京・渋谷)の一角には10月16日から22日まで「握手会風パネル」が設置されていた。

「山本彩さんにとってのNMB48ラストシングルを盛大に盛り上げるべく、『さや姉、いままでおおきに!』という気持ちを込めた大展開を実施したいと思い、メーカーさまに持ちかけました」と店の担当者が語った。

シンガーとしての山本彩に大きな影響を与え、CMで歌った『ひといきつきながら』でおなじみのJTからは、『あなたの人生が世界一の物語でありますように』というタイトルで幼少時代も含めた過去の写真やNMB48での8年の模様が卒業コンサートの開演前に会場スクリーンにて映し出された。

次ページ元NMB48メンバーも動いた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。