山本彩「アイドル」の皮を被ったアーティスト

さや姉の「おもろい」ところはどこにあるのか

 

「『かわいい』って言われるか『おもろい』って言われるか、どっちが嬉しい?」「『おもろい』に決まってるやないですか〜!!」吉本新喜劇にも出演経験のある山本彩。アイドルの皮を被った芸人に思えるが、その実、作詞作曲もできるシンガーソングライター。そして、ナイスバディ!! この彩り豊かな才能に、ビックリしないでドキっとしてね。

あだ名はさや姉。それは面倒見がいいから?

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

『みるるん』『りりぽん』『ふぅちゃん』『ゆーり』──NMB48の公式サイトを覗くと、キラッと輝くニックネームが各メンバーの紹介内に躍る。しかし、山本彩の公式ニックネームは『さやか』とそのままだ。しかししかし、メンバーやコアなファンは彼女を『さや姉』と呼ぶ。それは、面倒見がいいからでは?

「あー、どうなんでしょう。年下メンバーが言い出したのがキッカケで、それが広まりました。ただ、私より年上の人も『さや姉』と呼んでくださるので、そういう(お姉さんっぽい)ところも、あるのかもしれないです」

と、控えめに応えた。

次ページ元々は、3ピースのガールズバンドを組んでいた
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。