山本彩「アイドル」の皮を被ったアーティスト

さや姉の「おもろい」ところはどこにあるのか

「『かわいい』って言われるか『おもろい』って言われるか、どっちが嬉しい?」「『おもろい』に決まってるやないですか〜!!」吉本新喜劇にも出演経験のある山本彩。アイドルの皮を被った芸人に思えるが、その実、作詞作曲もできるシンガーソングライター。そして、ナイスバディ!! この彩り豊かな才能に、ビックリしないでドキっとしてね。

あだ名はさや姉。それは面倒見がいいから?

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

『みるるん』『りりぽん』『ふぅちゃん』『ゆーり』──NMB48の公式サイトを覗くと、キラッと輝くニックネームが各メンバーの紹介内に躍る。しかし、山本彩の公式ニックネームは『さやか』とそのままだ。しかししかし、メンバーやコアなファンは彼女を『さや姉』と呼ぶ。それは、面倒見がいいからでは?

「あー、どうなんでしょう。年下メンバーが言い出したのがキッカケで、それが広まりました。ただ、私より年上の人も『さや姉』と呼んでくださるので、そういう(お姉さんっぽい)ところも、あるのかもしれないです」

と、控えめに応えた。

次ページ元々は、3ピースのガールズバンドを組んでいた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT