「日比谷音楽祭」に懸ける音楽P・亀田誠治の真髄

平成から令和の時代、フェスはどう変わるか

日比谷公園の噴水と隣が小音楽堂。奥に建つのは東京ミッドタウン日比谷。都会の真ん中で今までにない音楽祭が企画されている(写真:naonao / PIXTA)

間もなく平成が終わり、新元号・令和が幕を開ける。

平成という時代は、音楽業界にとっても激動の時代であった。インターネットの普及により音源がデジタル化、音楽の聴き方や在り方も多種多様になった。

1998年をピークにCDの売り上げは年々減少。音楽シーンはCD不況へと突入した。平成はCDが爆発的に売れ、CDが売れなくなった時代でもあったのである。

だが、そんな中でも、音楽業界の第一線でコンスタントにヒット曲を生み出し続けたのが、音楽プロデューサーの亀田誠治だった。激動の時代の最前線で風を感じながら対峙し、新たな時代へ突入する今、新たな風を吹かせようとしている。

亀田誠治(かめだ・せいじ)/音楽プロデューサー・ベーシスト。これまでに椎名林檎、平井堅、スピッツなど数多くのプロデュース、アレンジを手がける。2004年に椎名林檎らと東京事変を結成し、2012年閏日に解散。 第49回、第57回の日本レコード大賞では編曲賞を受賞。『亀田音楽専門学校(Eテレ)』などを通じて次世代へ音楽を伝えている(撮影:尾形文繁)

「今、音楽業界は、疲れていると感じています。音楽が売れない時代と言われ、制作現場も変化の時を迎えています。容赦ないコストカットと、人材カット。けれど、アーティストの絶対量は減らない。

作らなければならない総量は変わっていない。こののままでは作品のクオリティが担保できなくなり、若いアーティストはもっと苛酷な状況に追い込まれていきます。

だから、僕が先陣を切っていろいろな形で仕組みを作って、次世代につなげていきたい」

亀田誠治は、音楽には人の心を癒やし、世代やジャンル・言葉・環境のボーダーを超え、希望をつなぐことができる力があると信じている。

ニューヨークで育まれていた音楽の文化

数年前の夏、ニューヨークへ行った際、出会った光景に多くの衝撃を受けたそうだ。

「ニューヨークが好きで通っているのですが、セントラルパークで毎年夏いっぱいフリーコンサートが開かれるんです。新人ミュージシャンから、マライア・キャリーやエルヴィス・コステロまで来たりして、ほぼ毎晩行われています。

それを見るためにニューヨーク中から人が集まっていて、老夫婦が犬を連れて朝から整理券をとりに来たり、ジョギング中のカップルが来ていたり、あとはピクニック気分で家族が並んでいたり。この光景が本当に衝撃的で、音楽のために1日を使って人生すらも楽しんでいるなって。こんな音楽の溶け込み方が日本にはないんじゃないかな、これこそ文化だと思ったんです」

次ページCDが売れなくてもライブビジネスは活況
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。