東大エリートの劇的変化から見える日本の行く末

山本康正×小島武仁「資本主義の未来」(後編)

ベンチャー投資家として活躍する山本康正氏(写真:右)と、アメリカ・スタンフォード大学帰りの気鋭の経済学者・小島武仁氏との対談で語られたこととは?
企業の存在が社会課題の解決に求められる今、東大生の進路選択にも大きな変化が起きているという。これまで企業と学生、若手とベテランの間に横たわっていた情報の非対称性がテクノロジーの発達によって解消されつつある中で、生き残る企業と淘汰される企業の分岐点となるものは何か? 
本稿はベンチャー投資家として活躍する山本康正氏の『世界を変える5つのテクノロジー――SDGs、ESGの最前線』より、アメリカ・スタンフォード大学帰りの気鋭の経済学者・小島武仁氏との対談から一部抜粋して紹介する。
前編:日本で流行する「脱成長論」は正しい選択肢なのか

若手ビジネスパーソンに求められること

山本:新しいテクノロジーというのは、ほとんどの場合は危機感があるときにしか導入されません。でも本来であれば、経済合理性の観点からもベンダーロックインが進む前、平常時からつねに新しい技術をつねに取り込み続けていくべきです。研究者も企業も自治体も、つねにアップデートをしていく姿勢が今後はさらに求められるでしょう。

小島:山本さんも強調されていることですが、自然科学的な技術から社会科学的な技術まで、広い意味でのテクノロジーに対してオープンマインドでいることは非常に大事だなというふうに思います。

最近は企業が従業員に対して「明日から離島に単身赴任してください」というような辞令を出しづらくなりましたよね。では従業員の希望をかなえつつ、会社としてうまく事業を回していくにはどうしたらいいのか。これまでほとんどの企業は人力でその問題を解決していたと思うのですが、マッチング理論に基づいてアルゴリズムの形で自動化することで、ちょうどいいフレームワークが作れるのではないか、という研究を今進めています。目を凝らせばそういったいろんな取り組みがありますから、ぜひアンテナを張っていただきたいなと思います。

次ページこの例もサステナビリティーの文脈で捉え直すことが可能
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT