「持っているもの貸すだけ」の複業が人気を得た訳 価値がないと思っていたこともビジネスになる

拡大
縮小

同じように「会場との一体感を引き出すモデレーター」も、知り合いから「龍太さんなら、モデレーターの仕事ができそうだから」と依頼されたのが始めたきっかけです。セミナーなどで話しているからでしょうか。どうやら、進行役ができそうな雰囲気を醸し出していたようです。

ただ、僕は週4日は会社員の仕事があるうえに、自営の農業の仕事などの複業があります。ですから「事前に打ち合わせする時間は取れませんよ」と伝えると、それでもいいですから、と言われました。

であれば、事前の打ち合わせをしない代わりに、その場のノリや空気を大事にする進行を売りにするサービスに振り切るのも面白いかもしれないと思い立ち、サービス名を「会場との一体感を引き出すモデレーター」と命名。あえて、進行表通りではないことを打ち出しました。

複業の「価格」はどうやって決める?

ちなみに、価格帯はさまざまです。「飾らないムービー撮影」は動画撮影と編集作業であれば5万円から、加えて交通費の実費をいただいています。一方の「会場との一体感を引き出すモデレーター」は経験値を積むという価値があるので、1回500円で引き受けています(ワンコインでも有料にすることで、自分に責任を課す意味があります。お客様からも信頼を得られます)。

モデレーターのように、金銭以外の価値がある事業については、あまり高額な価格帯にはしないほうがいいでしょう。高額だと、受けるときにプレッシャーになり、自分の首をしめるからです。価格帯は「プレッシャー」と「責任」のちょうどいいところに設定しておくのが、長く続けるコツです。

次に紹介するのは、パエリアに関する仕事です。きっとよほどパエリア好きなんだろうと思われたかもしれませんが、実はそこまで好きではありません。では「なぜ複業に?」と疑問を持たれますよね。

次ページパエリアのどこに惹かれたのか
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT