優秀だが「他人を見下す子」は何を考えているのか 自己肯定感が低い子の「4つのパターン」

✎ 1〜 ✎ 168 ✎ 169 ✎ 170 ✎ 最新
印刷
A
A
勉強ができるためか人を見下すことがしばしばある息子。自己肯定感は高すぎるとよくないのでしょうか? (写真:Fast&Slow/PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

中2の息子がいます。うちの子は、勉強はできるほうで自己肯定感も高く、それはよいことだと思うのですが、そのためか人を見下すことがしばしばあり、困っています。自己肯定感は高すぎるとよくないのでしょうか。
(仮名:亀田さん)

「自己肯定感」と「自己効力感」の違い

最近、「自己肯定感」という言葉をよく目にするようになりました。筆者も3年前に自己肯定感に関する書籍を書いて以来、自己肯定感という言葉をよく使っています。

この連載の記事一覧はこちら

亀田さんの質問にお答えするには、「自己肯定感」以外に、「自己効力感」という言葉も使って説明する必要があるように感じます。

自己肯定感とは簡単に言うと「自分の現状を肯定できる感覚」のことです。ありのままの自分を認めるという感覚です。

一方で、似た言葉に「自己効力感」があります。これは「自分はできるという感覚」になります。ある目標に対して”自分はできる”と信じているときは、自己効力感が高いと表現されます。カナダの心理学者、アルバート・バンデューラのセルフ・エフィカシーを訳した言葉として使われています。

この2つの言葉を使って回答すると、亀田さんのお子さんは、勉強ができているけども、人を見下しているということは、実は、自己効力感は高いけれども、自己肯定感は高いわけではないと考えられます。つまり亀田さんの見立てと実態はまったく逆で、自己肯定感が高すぎるのではなく、低い可能性が高いように感じられます。

そこで、これまで筆者が直接指導してきた4000人以上の子どもたちのケースで、自己肯定感が低かった子の4つのパターンについてご紹介します。これらのパターンの1つひとつに亀田さんのお子さんが該当すると思います。

大きく分けて、

・「勉強ができるけども、自己肯定感が低い2つのケース」

「勉強ができず、自己肯定感も低い2つのケース」

があり、それぞれ説明します。

次ページ自己肯定感が低い子の4つのパターン
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT