日本車9社売上ランキング「2001→21」激変レース

磐石なトヨタ自動車、激しい2位争いの20年間

日本車9社の売上高の変遷をアニメーションで表現しました(写真:© 2020 Bloomberg Finance LP)

日本の基幹産業の1つと言える自動車産業。現在上場している完成車メーカー9社はこれまで激しい競争を繰り広げてきました。最も基礎的な指標である売上高の推移を見ていくと、自動車業界の中での栄枯盛衰がよくわかります。

本記事に関連したさらに詳しいデータのほか『会社四季報』、企業、役員、大株主、地域、大学、小売店などの各種データを販売する「東洋経済データベースサービス」。各種データのカスタマイズにも対応します

東洋経済オンラインは今回、上場を直近20年以上続けている日本の完成車メーカー9社を対象に売上高ランキングを作成。売上高の増減を視覚化できるアニメーションを用いて、レースを繰り広げているような形で表現しました。

データは2001年3月期~2021年3月期の有価証券報告書・連結ベースの値を使用しています。会計基準は開示時点の各社の基準に基づきます。

(外部配信先では図を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

磐石なトヨタ自動車と熾烈な2位争い

トヨタ自動車が一貫して売上高のトップに君臨します。2001年に約13兆円程度だった売上高を着実に伸ばしていき、他社を引き離していく様子が見られます。2019年には30兆円を突破し、この20年で売上高を倍増させたことがわかります。

2000年代半ば~2010年代の前半にかけては、ホンダと日産自動車の間で2位争いが繰り広げられました。10兆円台で激しい戦いとなっていましたが、ガバナンスの問題が出た日産自動車が低迷、ここ数年の新型コロナの影響も大きく、直近では大きな差に広がっていきました。

2001年に業界のトップ3に次ぐ4番手に君臨していたのは、三菱自動車でした。2000年のリコール問題の発生を契機に低迷、2004年にはさらにリコール隠し問題が拡大したことで、マツダと順位が入れ替わることになります。

これ以降、順位が下がり続け、2013年には普通車メーカーの中で最下位に、直近では商用車メーカーを入れても最も売上高が小さい規模になりました。

一方で、SUBARUは2001年に8位だったものの、2010年以降に北米での自動車販売が好調で2017年には業界の4位に上昇するなど、堅調に売上高を伸ばしてきたことがわかります。

次ページ日本車9社売上ランキング「2001→21」激変レースはこちら!
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT