コロナで「売れた」「売れなくなった」商品トップ30

最新版!感染が長期化する中で伸びたのは?

オートミールが売れている(写真:no_sick/PIXTA)
この記事の画像を見る(17枚)

感染爆発が止まらない。東京都の1日の感染者数が5000人台という桁違いの数字にハネ上がり、緊急事態宣言による人流抑制の効果は以前より薄れている。重症化リスクのある人に病床を確保するためとして、政府は重症者などを除き自宅療養を基本とする方針を打ち出した。

8月16日時点で1回目のワクチン接種を終えた人は、国内の全人口の49.7%、2回目まで終えた人は37.6%。この進捗が遅いのかどうかの議論はさておき、読者諸氏の周囲でも接種を終えた人はかなり増えてきているだろう。

市場調査のインテージが、新型コロナの影響を受ける直前から週次で全国のスーパー、コンビニ、ドラッグストア、ディスカウントショップなど、約6000店舗の販売動向を追っている「新型肺炎カテゴリー動向」。このほど公表した6月21日週までのデータには、ワクチン接種の進展による影響がより明確に表れた。

欠品続くアセトアミノフェン系の解熱鎮痛剤

6月21日週の総合トップ3は麦芽飲料、玩具メーカー菓子、しわとり剤だったが、ワクチン接種の進展効果だろう。4位の解熱鎮痛剤が6月に入ってから前年比140%台を維持している。相変わらずアセトアミノフェンの人気は高く、ドラッグストアの店頭では欠品が続いている。厚生労働省はイブプロフェンやロキソプロフェンも使用できるとしているものの、国民のアセトアミノフェン志向は根強い。

子ども連れでの遠出の必需品である鎮暈剤(酔い止め)も、昨年大幅に後退した反動で143.1%と大きく伸び、医薬品部門2位、総合でも5位に入った。あくまでそれは昨年大きく落ち込んだ反動のせいだ。

そこで、2年前比で比べてみた。医薬品だけを抽出して2年前の比べたものが、次のグラフだ。

解熱鎮痛剤が2年前と比較してもなお、134.1%と高水準であるのに対し、鎮暈剤は75.2%。国民の多くが外出自粛をしていた昨年4月には前年比10%台まで落ち込んだだけに、いまだにコロナ前の7割強までしか需要は戻っていない。

次ページ「コロナ太り」対策商品が人気?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT