「アイスにも合うメンマを作った」31歳男性の衝撃

地方発・延岡メンマはなぜ注目を集めるのか?

アイスの甘味とピリ辛味噌風味が絶妙に絡み合って未体験の味わいに(写真提供:LOCAL BAMBOO株式会社)
この記事の画像を見る(5枚)

都心ではなかなか接する機会のない竹林。すらりと伸びた竹は風流なイメージすら抱くかもしれないが、全国的に環境破壊の元凶となっているのをご存知だろうか。

成長スピードが早い竹は、根が周囲に侵出したり、背の高さで陽光を遮ってしまい他の樹木の成長を妨げてしまう。対策を打とうにも森林の所有者の高齢化や担い手不足なども手伝って管理が行き届かず、現在、日本の多くの農村や山間部で放置竹林が深刻化しているのだ。

そんな中、竹を伐採するだけでなくメンマに加工することで食べて解決につなげようという動きが各地で生まれ始めている。じわじわとブームになりつつある「ご当地メンマ」だ。

アイスにも合う!?「延岡メンマ」の衝撃

宮崎県の県北に位置する延岡市。旭化成の企業城下町として知られる一方、市の面積の8割を山林が占めている。この地で設立されたLOCAL BAMBOO株式会社は、2020年11月から放置竹林対策の一環として「延岡メンマ」を生産・販売し始めた。

お米、パン、果てはアイスと一緒に食べても美味しい「延岡メンマ」(写真提供:LOCAL BAMBOO株式会社)

メンマと言われてつい想像しがちなのは、ラー油と醤油の味付けではないだろうか。だが、延岡メンマはまったくの別物。地元の渡辺味噌醤油醸造の赤麦みそと、延岡の伝統野菜七萬石とうがらしで味付けたピリ辛みそ風味は、深いコクを感じる一品に仕上がっている。

「メンマはどうしても料理のつまとか添え物、お酒のおつまみというイメージがありますが、竹林問題を解決するにはもっと消費量を増やさないといけない。そこで、メインのおかずとして主食の米にも合わせられる、汎用性の高さが必要だと考えて試行錯誤を重ねました」

そう語るのは、LOCAL BAMBOO株式会社代表の江原太郎さん。ごはんのおかずだけでなく、メンマカルボナーラやメンマトースト、果てはメンマアイスクリームといった、これまでの常識を覆す食べ方を提案している。

アボカドやチーズとの相性もいい(写真提供:LOCAL BAMBOO株式会社)

 

「いろんな方々にメンマを楽しんでもらいたくて、プロの料理研究家さんと一緒に考案しました。延岡メンマはそのまま食べても美味しいんですが、熱を入れたときによりうまみを発揮するような気がしています。最近はトーストで食べるのがお気に入りですね」

次ページなぜ「国産メンマ」を作ろうと思ったのか?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT