東大教授が語る「人がサイボーグになる」の現実度

「ネオ・ヒューマン」が示す「未来の人類」の姿

人がサイボーグとして生きる未来は、技術的にはすぐそこに迫っているようです(画像:llhedgehogll/PIXTA)
イギリスのロボット科学者であるピーター・スコット-モーガン博士は、全身の筋肉が動かなくなる難病ALSで余命2年を宣告されたこと機に、人類で初めて「AIと融合」し、サイボーグとして生きる未来を選んだ(詳しくは「人類初『AIと融合』した61歳科学者の壮絶な人生」参照)。
「これは僕にとって実地で研究を行う、またとない機会でもあるのです」
人間が「サイボーグ」となり、「AIと融合」するとはどういうことか。それにより「人として生きること」の定義はどう変わるのか。
世界で発売直後から話題騒然の『NEO HUMAN ネオ・ヒューマン――究極の自由を得る未来』が、ついに日本でも刊行された。
本書を読んで「正直、科学者として、悔しさと尊敬が入り混じった気持ちになりました」と語るのが、東京大学先端科学技術研究センター教授の稲見昌彦氏だ。その見解を聞いた。

注目を集める「サイボーグ・アバター」技術

『ネオ・ヒューマン』は、人間の新たな可能性をポジティブに伝えてくれる本です。私がずっと書きたかったことを、見事に書かれてしまいました。

『NEO HUMAN ネオ・ヒューマン――究極の自由を得る未来』(画像をクリックすると、特設サイトにジャンプします)

著者のピーター・スコット‐モーガンさんは、自らの身体をサイボーグ化し、AIで制御するアバターを使うことで、筋肉が動かなくなる難病ALSに対抗しようとしています。

世間一般の感覚からすると10年は早い物語ですが、以前から同じような研究をしている私としては、「ほらね!」と思わず膝を打ちました。

というのも、「サイボーグ、アバター、AI」といったピーターさんのような取り組みは、現在、世界中で多くの科学者が関心をもっている分野なのです。

ALSを克服するため、人類で初めて「AIと融合」し、サイボーグとして生きる未来を選んだピーター・スコット-モーガン博士(写真提供:ピーター・スコット-モーガン)

日本では、政府が1000億円規模の予算を投じる「ムーンショット型研究開発制度」があります。その第1の目標が「人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」することです。研究概要には、以下のようにあります。まさにピーターさんの取り組みを思わせる内容です。

「サイボーグやアバターとして知られる一連の技術を高度に活用し、人の身体的能力、認知能力及び知覚能力を拡張するサイバネティック・アバター技術を、社会通念を踏まえながら研究開発を推進していきます」

次ページ日本発、「自在化身体」という挑戦
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT