東大教授が語る「人がサイボーグになる」の現実度

「ネオ・ヒューマン」が示す「未来の人類」の姿

私はこのプロジェクトにアドバイザーとして参加しているほか、仲間の研究者とともに「稲見自在化身体プロジェクト」を進めています。

「自在化身体」という新しいコンセプト

この「自在化身体」という考え方は、詳しく述べるとそれだけで1冊の本になってしまうのですが、ものすごく簡単に言うと「サイボーグやアバターなど、テクノロジーによって拡張された能力を、人が自らの身体のように自由自在に扱えること」です(詳しくは拙著『自在化身体論』をお読みください)。

『自在化身体論』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

ここで大切なのは、単に「新しいことができるようになる」だけではなく、「自分自身の能力が高まったように感じる」ことです。

この違いは「無人運転タクシー」と「タケコプター」の違いを想像してもらうとわかりやすいと思います。いずれも「機械によって行きたい場所に行く」というゴールは同じですが、「自分自身の能力が高まったように感じる」のはタケコプターのほうでしょう。

私たちの関連研究に、人の腕を4本に増やし、自由自在な作業を可能にする「MetaLimbs」があります。この第3、第4の腕を「あたかも自分の身体の一部」のように感じてもらうのが、研究の大きな目標の1つです。

第3、第4の腕を「まるで自分の身体の一部のように」動かすことを目指す「MetaLimbs」(写真提供:東京大学 稲見研究室 & KEIO MEDIA DESIGN)

ピーターさんもまた、本書のなかで次のように述べています。

「何が言いたいかというと、インターネットの一部やそこに接続されているモノが、最終的に僕の麻痺した体の代用品になればいいと思っているんだ。周りの環境に触れるというより、僕自身が環境の一部になっていくようなイメージだ。
(中略)時がたつにつれ、僕はサイバースペースを自分の体の一部だと認識するようになるだろう。脳が持つ可塑性という性質のおかげでね。メールを送信したり、エレベーターを呼んだりするのも、指を動かしたり、眉を上げたりするのと同じ感覚でできるようになるはずだ」
(『ネオ・ヒューマン』より。太字は引用者)

自分の身体を実験台にしてまで、このような野心的な取り組みを実践しているピーターさんを知って、正直、科学者として、悔しさと尊敬が入り混じった気持ちになりました(笑)。

次ページ「自在化身体」の研究は「他人事」とは言えない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT