結果を出すスポーツマンが「礼儀正しい」理由

スポーツでも謙虚な気持ちが好結果をもたらす

結果を出す優秀なスポーツ選手ほど、謙虚で礼儀正しい選手が多いのはどうしてでしょうか(写真:taka/PIXTA)
メダルラッシュに沸く日本。インタビューでは、多くのオリンピアンが感謝の言葉を口にする。自分はスーパースターなのだから特別扱いされるべきだ、と思っても不思議ではないにもかかわらず、結果を出す優秀な選手ほど謙虚で礼儀正しい選手が多い。どうしてだろうか。
「無礼さ」の研究に20年を捧げた著者の集大成で、10万部のベストセラー『Think CIVILITY「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』から一部抜粋のうえ、再編集してお届けする。

バルセロナ五輪の優勝チームの礼節

デューク大学バスケットボールチームのヘッドコーチ、マイク・シャシェフスキーはかつて、1992年バルセロナオリンピックで金メダルを獲得した「ドリームチーム」のアシスタントコーチを務めたが、そのときにこんな体験をしたという。ドリームチームにはスーパースターが多数、参加していたが、なんといっても最高のプレーヤーは、マイケル・ジョーダンだった。

『Think CIVILITY(シンク・シビリティ)「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

マイケル・ジョーダンは、青をシンボルカラーとするノースカロライナ大学チャペルヒル校の出身である。デューク大学のライバルだ。そういう理由もあり、シャシェフスキーは、ジョーダンが自分に対してどういう態度を取ってくるか興味を持っていた。

コーチである自分にはたして敬意をもって接してくるのか、そうでないのか。シャシェフスキーは自分もある程度の名声を勝ち得ているとは思っていたが、スーパースターであり、生ける伝説でもあるマイケル・ジョーダンとは比較にならないこともよく知っていた。

最初の練習が終了したあと、ジョーダンは、ソフトドリンクを飲んでいたシャシェフスキーに歩み寄ってきた。自分がデューク大学の関係者であることについて何か言うつもりなのでは、とシャシェフスキーは思った。ところがジョーダンの言葉は意外なものだったので驚いた。

「コーチ、30分ほど、単独での動きを練習したいと思っているんですけど、付き合っていただけますか?」

次ページ練習の後も丁寧な態度で礼を言った
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT