「無礼な人」が近くにいると息苦しいのはなぜか

無礼さの「害悪」は脳に焼き付いて離れない

職場に無礼な人がいると、その悪影響は「ウイルス」のように伝染してしまいます(写真:saki/PIXTA)
なぜ本当にできる人は、不機嫌にならないのか? 『Think CIVILITY(シンク・シビリティ)「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』は、無礼な人の害悪を初めて可視化した本である。
「『周囲を不快にする』エース社員を切るべき理由」では、実力があって無礼な人への対処法について解説した。
しかし実は、隔離をしても解雇をしても無礼さの悪影響を完全に抑えこむことはできないと、著者のクリスティーン・ポラス氏は言う。いったいどういうことか。無礼さウイルスの伝染力について、本書を一部抜粋のうえ、再編集してお届けする。

隔離しても問題がすべて解決するわけでない

誰かに無礼な態度を取ること、取られることを「自己完結的」な体験だと思っている人は多い。直接、やりとりをした当事者どうしで完結することだと思っている人が多いのだ。

『Think CIVILITY(シンク・シビリティ)「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』は10万部のベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

だが、実際には、無礼さはウイルスのように人から人へと伝染していく。その後、関わった人たちすべてに悪影響を与え、人生を悪いほうに導くことになる。

例えば、企業の本社内のあるオフィスで誰かが誰かに無礼な態度を取ったとする。すると、その悪影響は知らない間に、廊下にも、3つ上のフロアにも、休憩室にも伝染していく。影響を受けた人はその後、社外の人、顧客などとも接することになるだろう。

誰も気づかないうちに、無礼さの影響は社内全体に広がり、すべての人をより不親切に、より不寛容にし、すべての人の元気、楽しさを奪う。いったん生まれたウイルスは活動しなくても休眠状態で私たちの脳の中に潜伏している。

エドワード・M・ハロウェル博士によれば、無礼な態度によって生じた悪い記憶は数年間は残るという。博士は、これを「脳の焼き付き」と呼んでいる。誰かの無礼な態度で苦しい思い、不愉快な思いをすると、その瞬間の感情によって、身体に生理学的な反応(脈拍が速くなる、呼吸が不安定になる、など)が起きることがある。

自分が直接、無礼な態度を取られたわけではなく、そばでそれを見ていただけでも、心と身体の両方に悪影響がおよぶことはある。そうした状況では、大量のアドレナリンが体内を駆け巡るが、脳にはその痕跡が必ず残る。

次ページ無礼さのウイルスは伝染する
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。