能力あっても無礼な人がやっぱり得しない理由

リーダーはもちろん立場関係なく大事なこと

当たり前すぎるからこそ、つい見逃してしまいがちだ(写真:Khosrork/iStock)

『Think CIVILITY(シンク・シビリティ) 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』(クリスティーン・ポラス著、夏目 大 訳、東洋経済新報社)の著者、ポラス氏はかつて、自分の職場がひどい環境であることに気づいたと明かしている。

いじめがあるなど、礼節を欠いた行為がはびこる環境だったというのである。うぬぼれの強いパワハラ上司がいて、その影響で部下たちの態度も悪化していき、チームはまとまりがなくなり、仕事への熱意も失われていくことに。

備品を盗んだり、嘘の勤務時間を申告したり、私物を買った代金を会社に請求するなど、意図的に会社に損害を与える人も。

そこで「職場の無礼」の研究を決意

そのためポラス氏は、殺伐とした環境で数カ月働いただけで疲弊し、以前とは別人のようになってしまう。一方、父親が長年にわたって無礼な上司に苦しめられる姿も見てきた。そこで決意したのは、「職場の無礼」を研究することだった。

無礼な態度の横行する会社は、大きな金銭的損失を生むということを知らせるためだ。それは、職場の環境をよくして業績を上げたいなら、「自分の持っているものを職場に惜しみなく提供したい」と思わせることでもある。

そこで、タイトルにもある「礼儀正しさ」が重要な意味を持ってくるわけだ。

次ページ他人に無礼な態度を取ると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT