能力あっても無礼な人がやっぱり得しない理由

リーダーはもちろん立場関係なく大事なこと

当たり前すぎるからこそ、つい見逃してしまいがちだ(写真:Khosrork/iStock)

『Think CIVILITY(シンク・シビリティ) 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』(クリスティーン・ポラス著、夏目 大 訳、東洋経済新報社)の著者、ポラス氏はかつて、自分の職場がひどい環境であることに気づいたと明かしている。

いじめがあるなど、礼節を欠いた行為がはびこる環境だったというのである。うぬぼれの強いパワハラ上司がいて、その影響で部下たちの態度も悪化していき、チームはまとまりがなくなり、仕事への熱意も失われていくことに。

備品を盗んだり、嘘の勤務時間を申告したり、私物を買った代金を会社に請求するなど、意図的に会社に損害を与える人も。

そこで「職場の無礼」の研究を決意

そのためポラス氏は、殺伐とした環境で数カ月働いただけで疲弊し、以前とは別人のようになってしまう。一方、父親が長年にわたって無礼な上司に苦しめられる姿も見てきた。そこで決意したのは、「職場の無礼」を研究することだった。

無礼な態度の横行する会社は、大きな金銭的損失を生むということを知らせるためだ。それは、職場の環境をよくして業績を上げたいなら、「自分の持っているものを職場に惜しみなく提供したい」と思わせることでもある。

そこで、タイトルにもある「礼儀正しさ」が重要な意味を持ってくるわけだ。

次ページ他人に無礼な態度を取ると…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。