仕事のできない人は「美意識」がわかってない

外見、心、所持品の3つに配慮を行き届かせよ

おじぎを美しくするだけで、相手の印象が変わります(写真:Rawpixel / PIXTA)
身なりが整っていなかったり、ちょっとした所作が雑だったり――。そんなビジネスパーソンが同僚や取引先からの絶対的な信頼を勝ち得るのは難しいでしょう。結果として仕事の成果にも結びつかないはずです。
一方、ちょっとしたことですが、仕事のできるビジネスパーソンは外見や心、所持品といった部分に細心の注意を払っています。あまりに「微差」のため多くの人は気づきませんが、わずか数年で「大差」を生む。ビジネスパーソンなら知っておきたい「3つの美意識」を、『きれいでなければ稼げません』の著者でもある渡辺ゆきよ氏が解説します。

 

「外見」「心」「所持品」。ビジネスパーソンが大事にしたいのは、この3つの美意識です。

【外見の美意識】“美しいおじぎ”で空気が変わる!

まずは「外見の美意識」。「見たこともないような美しいおじぎ」を身に付けてしまいましょう。ビジネスの場では「おじぎ」はとても必要です。このほんの一瞬の出来事で、相手の印象が決定づけられてしまいます。身に付けてしまえば、一生のスキルになり、おじぎするごとに好印象を振りまくことになります。

注意すべきなのは「見たこともない」レベルまでやりきること。相手が「いやいや、そこまでしなくても……」と恐縮して、苦笑いするくらいまでやっても問題ありません。おじぎはしているつもりでも完全にできていないことが多いからです。

「おじぎなんてちゃんとやっているよ」

とツッコミたくなる人もいるでしょう。そんな人に質問です。自分のおじぎをちゃんとチェックしたことがありますか?

次ページあいさつの基本を知っていますか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
いま知っておきたい<br>天皇と日本史

「後醍醐天皇は超独裁者にして一流文化人」「光格天皇が朝廷の権威を高めたから維新が起きた」「昭和天皇は戦争指導に熱心だった」。有力学者による歴代天皇の研究で歴史を振り返りつつ、現代の天皇・皇室像を考える。