仕事のできない人は「美意識」がわかってない

外見、心、所持品の3つに配慮を行き届かせよ

所持品の美意識を考えるうえで、カバンの中に入れておくといいものがあります。それは「人に貸せるハンカチ」です。相手がすごく多忙な人で、時間に追われ、小走りで商談場所に来るかもしれません。汗をかかれて拭くものがないかもしれませんし、また商談中にアイスコーヒーがはねてしまうこともあるかもしれません。それで相手が困ることだってあり得ます。

そんなとき、さりげなくスッと差し出すキレイなハンカチは、相手に強い好印象を残します。難しければ、ポケットティッシュでもかまいません。たった一つのアイテムですが、それがキレイで人に見せられる状態であれば、その人の行いや性格、仕事への評価などすべての信頼性が増すものです。

所持品を変えて業績がアップしたOさん

『きれいでなければ稼げません』(WAVE出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

営業成績が年間8台という自動車のセールスマンだったOさん。身の回りのことに気を遣わないOさんは、1000円の理容室で髪を切り、爪を噛むのでボロボロ、所持品にはこだわらずおカネをかけたくないと、ディスカウントストアで購入した100円の名刺入れと2000円のカバンで営業をしていました。もちろん手入れもしないので、名刺入れもカバンもボロボロです。そんなある日、高級車の商談にきた企業経営者に指摘されたそうです。

「『高いものを持て』とは言わないけど、少なくとも、会社を代表して商談をするのに、その名刺入れをみたら話をする気持ちがなくなってしまいました。新しい車に乗ろうという意欲が低下してしまいました。もう一度だけ時間を取りますから、せめてキレイに整えた状態で向き合ってほしいです」

そこでOさんは、高級ブランドの正規ショップに行き名刺入れを購入しました。そして、そのブランドショップの対応や所作の一つひとつに感動し、爪を噛むのをやめ、所作に気を配り、日々、身の回りを整え始めたそうです。
それから約半年、以前は営業努力と反比例していたセールス実績は正比例しうなぎのぼりになったそうです。もちろん、その後、Oさんに指摘をしてくれた社長との商談も締結。以来、長きにわたる得意先となり、見込み客をたくさん紹介してくれたそうです。

「3つの美意識」が、一期一会の価値を最大化する

人は人との出会いによって成長します。今日会う人が、人生を変える運命の人だという可能性だってあります。すべては一期一会。その出会いの数十分を、誰でもできる心づかいで、最高の瞬間にするのが「3つの美意識」を整える目的です。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。