中国の「国有石油大手」業績に原油高騰が追い風

シノペックとペトロチャイナ、純損益が黒字化

国際石油価格の高騰が、中国の国有石油大手2社の業績を押し上げている(写真はペトロチャイナのウェブサイトより)

国際石油価格の高騰が、中国の国有石油大手2社の業績を押し上げている。最大手の中国石油天然気(ペトロチャイナ)と、2位の中国石油化工集団(シノペック)は7月1日に2021年1~6月期の業績見通しを発表。2社ともに純損益が大幅な黒字となることを明らかにした。

ペトロチャイナは、1年前の2020年1~6月期には(中国国内での新型コロナウイルス流行の影響で)約300億元(約5166億円)の巨額の純損失を計上した。しかし2021年1~6月期は、純損益が前年同期から750億~900億元(約1兆2915億~1兆5498億円)改善し、450億~600億元(約7749億~1兆332億円)の黒字となる見通しだ。

シノペックも、2020年1~6月期の純損益は229億元(約3943億円)の赤字だった。それに対し、2021年1~6月期は前年同期から約594億~614億元(約1兆229億~1兆573億円)改善し、365億元(約6285億円)~385億元(約6630億円)の純利益を計上する見込みだ。

両社の黒字化の背景には、世界的な石油需要の急拡大と、それに伴う国際石油価格の上昇がある。代表的な価格指標の1つであるWTI原油先物の7月1日の終値は、1バレル当たり75.23ドル(約8379円)と年初に比べ6割近く上昇した。これは過去3年間の最高値だ。

中国の石油消費量はコロナ前の水準に

石油輸出国機構(OPEC)の2021年6月の月次報告によれば、今年4月の時点で、中国は石油消費量が新型コロナ流行前の水準を上回っている唯一の国である。

本記事は「財新」の提供記事です

ペトロチャイナによれば、2021年1~6月期は国内の石油・天然ガスの需要が大幅に回復。同社の油田・ガス田の生産量が増加し、生産効率が向上したことも、利益増加に貢献したという。

一方でシノペックは、国際石油価格の上昇と並んで、(同社の主力製品である)石油製品や化学製品の需要が大幅に増加したことが業績を押し上げる原動力になったと説明した。

(財新記者:趙煊)
※原文の配信は7月2日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT