真夏の中国で「自然災害リスク」が高まる背景

異常気象が増えて、干ばつや洪水の可能性も

中国国家気候センターは、盛夏期の中国の気候状況は全体的に不安定であり、干ばつや洪水など自然災害のリスクが高まるという予想を発表した(写真はイメージ)

中国国家気候センターは7月3日、中国全土の盛夏期(7~8月)の天候および災害リスクに関する予報を発表した。それによれば、華北地方の黄河流域や、東北地方の松花江および嫩江の流域で降水量が例年より増加し、河川の増水が深刻化する可能性がある。また、長江の流域では上流域と下流域の降水量が例年より多いとの予想も示された。

増水リスクが指摘された松花江は、中国とロシアの国境を流れる黒竜江の中国側における最大の支流だ。また、嫩江は大興安嶺から流れ出る、松花江の源流の1つである。黒竜江と嫩江では、今年6月に大洪水が発生した。

中国国家気候センターの専門家たちは、盛夏期の中国の気候状況は全体的に不安定であり、異常気象が増え、干ばつや洪水など自然災害のリスクが高まると予想している。

台風は例年並みかやや多め

降水量に関しては、西北地方の中東部、内モンゴル自治区の全域、華北地方、東北地方、黄淮地区、江淮地区の東部、江南地区の北東部、西南地方の東部と北部、江漢地区の全域、華南地方の南部、チベット自治区の全域、新疆ウイグル自治区の南西部の各地方で、例年の盛夏期より増加するという。

本記事は「財新」の提供記事です

気温については、中国全土の大部分で例年並みか、やや高めと予想している。なかでも新疆ウイグル自治区の全域、チベット自治区の東部、西南地方の南部、黄淮地区の南部、江淮地区、江漢地区の東部、江南地区の全域で、例年より1~2度ほど高くなりそうだ。

また、7月から12月にかけて中国に上陸する台風の数は例年並みか、やや多めだとしている。より具体的には、太平洋の北西部および南シナ海の海域で発生する台風の総数が21~23個。そのうち中国に上陸、または(沿海部に接近して)大きな影響を与える台風は6~8個と予想する。

(財新記者:周泰来)
※原文の配信は7月3日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT