中国の国有「石油」最大手に追い風が吹くワケ

21年1~3月期決算の純損益は赤字から黒字に

中国の国有石油最大手のペトロチャイナの2021年1~3月期決算は前年同期の赤字から、黒字を記録した(同社ウェブサイトより)

中国の国有石油最大手の中国石油天然気(ペトロチャイナ)は4月29日、2021年1~3月期の決算を発表した。それによると、売上高は前年同期比8.4%増の5519億元(約9兆2609億円)、純損益は前年同期の162億元(約2718億円)の赤字から、277億元(約4648億円)の黒字を記録した。

決算報告書によると、今年の1~3月期において、同社はマクロ経済の回復と石油・天然ガス市場の需要回復、原油価格上昇といった有利な局面を捉え、収益は大幅に拡大した。

昨年来の新型コロナウイルス流行のなかで、国際経済が徐々に回復しつつあることや産油国の相次ぐ減産実施などを背景に、国際原油価格は年頭より上昇を続けている。イギリスの北海ブレントのスポット平均価格は1バレル61.12ドル(約6651円)と前年同期比21.9%上昇、アメリカのWTIのスポット平均価格は1バレル58.13ドル(約6326円)と同27.7%上昇した。

ペトロチャイナの主要事業は「石油・天然ガスの探鉱および生産」「石油の精製および化学工業製品の生産」「石油製品の販売」「天然ガスの販売およびパイプライン運営」の4つに分けられる。

天然ガスの販売量の増加と価格上昇

それぞれのセグメント別に見ると、1~3月期において「天然ガスの販売およびパイプライン運営」事業の利益が最も大きく、前年同期比63%増の185億元(約3104億円)を計上した。これは主に天然ガスの販売量増加と価格上昇に起因する。1~3月期の天然ガスの国内販売量は前年同期比15%増の547億立方メートルに達した。

本記事は「財新」の提供記事です

次に利益が大きかったセグメントは、「石油の精製および化学工業製品の生産」事業で、2020年1~3月期の87億元(約1460億円)の赤字から、147億元(約2467億円)の黒字を記録した。なお、3番目に利益が大きい「石油・天然ガスの探鉱および生産」事業は黒字額が129億元(約2165億円)だったが、前年同期に比べ13%減となった。

他方で「石油製品の販売」事業は、2020年の166億元(約2785億円)の赤字から、33億元(約554億円)の利益をたたき出した。2021年1~3月期のペトロチャイナの石油製品の販売量は前年同期比2.2%増の3625万トンで、その内、中国国内で販売した石油製品は前年同期比21%増の2420万トンだった。

(財新記者:趙煊)
※原文の配信は4月29日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT