「改悪転職」する人によくある4つの特徴と対処法

コロナ禍だからこそ現状整理して検討するべき

「こんなはずではなかった」と、転職で後悔する人は少なくありません (写真:【IWJ】Image Works Japan/PIXTA)

コロナ禍での新卒の就職活動も、今年で2回目となった。昨年と比べると、今年の新卒の就活は比較的落ち着いていたように思う。

就職四季報の姉妹サービス「シキホー!Mine」はこちら

背景としては、WEB面接、WEB説明会といった、コロナ禍に対応した採用フローが確立されたことにある。またコロナ禍の影響が少ない業界で、採用意欲が復活していることも要因としてあげられる。

就職情報会社ディスコの調査によると、2022年春卒業予定の大学生・大学院生の就職内定率が6月1日時点で71.8%(前年同月比:7.8ポイント増)となっている。これは現行の就活ルール(3月に採用広報、6月に選考解禁)になった2017年卒以来で最も高い数字だ。

コロナ禍でむしろ転職活動がやりやすく

それでは、社会人の「転職」に関しては、コロナ禍によってどのような影響があったのだろうか? 筆者が所属している就職エージェント・UZUZの調査によると、コロナ禍による影響には「ネガティブな影響」だけでなく、「ポジティブな影響」もあることがわかった。ポイントをまとめると以下の通りだ。

転職活動におけるコロナ禍のネガティブな影響
・応募できる求人数(種類)が減っているように感じる
・選考難易度が上がっているように感じる
転職活動におけるコロナ禍のポジティブな影響
・選考は受けやすくなっている(WEB面接、WEB説明会など)
・転職活動に対する意欲が上がった(キャリアに対する危機感が増加)

このように転職に対するモチベーションが上がったり、転職活動がやりやすくなったといったプラスの影響もあり、筆者の元にも転職を希望する方からのキャリア相談が増えた。しかし、「転職」というものは一つ取り扱いを間違えると、キャリアの「改善」どころか、逆に「改悪」となってしまうこともあるので、注意が必要だ。

ここでは、「改悪」につながってしまう転職の特徴を紹介し、そのような状況に陥らないための対処法を示したいと思う。

次ページ「改悪転職」となってしまう4つのパターン
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT