東大教授が教える「頭のいい人」のスゴイ思考習慣

「考え続ける人」と「気合い系の人」の大きな違い

「エリアAで新規開店した店舗にどうやって人を集めるか?」といった話題になったとき、思考習慣のない人は、「わかった。俺に任せろ。お店の前で『いらっしゃいませ!』って大声で叫んでお客を呼び込むから」と言います。いわゆる、「気合い系」の人。

それを聞いた別の人は、まったく違う話を始めました。お客がお店に入ってくる場合、次の3つの行動パターンに分けられると言うのです。

【お店に来るお客さんの行動パターン】

  • 1.情報収集をしてどこのお店に行くか探してから来た人……情報収集タイプ
  • 2.たまたまお店の前を通りかかって、そのお店が入りやすそう、美味しそうと思って入って来る人……ふらっとタイプ
  • 3.前にお店に来たことがある人で、また行きたいと思ってくれたり、もらったクーポンを使うために来てくれる人……リピートタイプ
  •  

気合い系の人と比べると、思考体力の「7.微分思考力」のレベルがまったく違います。

思考習慣があるかどうかで差がつく

さらに、お客を増やすために次のようなタイプ別の対策が必要だと説明され、「2.多段思考力」もあることがわかりました。

【お客さんを増やすタイプ別対策】

  • 1.情報収集タイプ……WEBアプリの開発とホームページへのアクセス数を増やす工夫が必要
  • 2.ふらっとタイプ……駅前でチラシを配ってお店の存在を知らせることが必要
  • 3.リピートタイプ……ポイントカードやクーポン、口コミ評価で割引するなどのサービスで顧客ならではのお得感を高めることが必要
  •  

こうしたマーケティング戦略を成功させるためには、インターネット上にあふれる情報の中でお店を検索してもらえる工夫や、駅前のどこでチラシを配ればいいのかを見極める「4.大局力」が必要です。

「ふらっとお店に入ってもらうお客を増やすために、店構えやメニューは今のままでいいのか?」といった「3.疑い力」で、ブランディングも考えなければいけません。

次ページ時間も場所も関係ない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT