入社時点で優秀だった人が、活躍しない謎

そもそも、「優秀」の判定が誤っている?

多くの会社は面接において、流暢に見識があるように振る舞う学生を優秀と考えてしまいがちだと思います。いわゆる、表層的な説明力、分析力の高さに目が奪われている状態です。ただ、この優秀さは学生時点での比較にすぎません。会社に入社して研修を受けると、差は一気に縮まります。仕事で活躍している社員たちを分析すると

・責任感
 ・コスト意識
 ・ストレス耐性

など、学生時代に磨いたり、備える機会が少ないスキルで活躍していることがわかります。それゆえ、採用時点で見極めるのは簡単ではありません。それでも、このポテンシャルをあぶり出すことは不可能ではありません。取材したあるメーカーでは

「あなたの友人にあなたのことを尋ねたら、どのように答えると思いますか?」

「あなたの仕事観に影響のある人物と、その理由を教えてください」

と、面接で学生の価値観を知るための質問をぶつけて、ポテンシャルをあぶり出そうとしています。たとえば、仕事観に影響している人物について

Aさん 「つねに挑戦する勇気を持ち続けている孫正義社長を新聞で見て、影響を受けています」

Bさん 「インターン先の中小企業の方ですが、最後まであきらめない姿勢を貫く、○○というメーカーの○○社長の姿勢に影響を受けています」

だとしたら、どちらの回答をする学生を採用したいですか?発言に対する責任感は、どちらがにじみ出ていると思いますか?仮に話す姿勢は不器用で流暢でなくてもBさんのほうがポテンシャルを感じませんか?

こうした面接機会の工夫をすれば、会社で活躍する優秀な学生を見極めることは不可能ではありません。今後も、採用環境は厳しい状態が続くことが予想されます。ゆえに、会社が優秀と判定して入社したら、抜かりなく活躍してもらう状況にしたいものです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。