泉谷直木・アサヒビール社長--首位陥落を顧客評価の低下とは認識していない

泉谷直木・アサヒビール社長--首位陥落を顧客評価の低下とは認識していない

激変期での交代だ。国内ビール類市場が縮み続ける中、アサヒビールは昨年、9年間死守してきたビール類のシェアが首位から陥落した。アサヒビールの新トップが発表されたのは、キリンホールディングスとサントリーホールディングスの統合交渉の白紙撤回が発表された日でもあった。

「スーパードライ」の大ヒットで一気に首位に駆け上がったのも今は昔。競争の舞台が国内から海外へと広がる中、アサヒビールはどんな復活のシナリオを描くのか。泉谷直木社長に聞いた。

──首位を奪われた敗因をどう分析されていますか。スーパードライの一本足打法が悪かったのか、それとも「第3のビール」で出遅れたのが響いたのでしょうか。

シェアは結果であり、通信簿でもある。きちんとした戦略を練って、それを実現するだけの活動をしたのか、という点で確かに甘かったかもしれない。低価格化志向が強まる中で、お客様のニーズをどこまでつかめたのか、という結果と厳しく受け止めている。

単価の高いビールのシェアが食われ、中でも5割のシェアを持つスーパードライが影響を受けた。ただ、ビール部門の中でのシェアはむしろ上がっているため、お客様の評価は下がっていないと認識している。昨年は年2回、売り上げの一部を環境や文化財保護に寄付するキャンペーンなどもやっており、こうした効果も出てきていると思う。

第3のビールでも「オフ」を出してシェアは伸びてきた。ただ、市場の伸びも大きいし、トップ商品が強いので、そこを考えるとまだ差は大きい。顧客ニーズが多様化する中で、それに応える商品を投入していく。

今後は第2、第3の柱をどう育てていくかが課題だ。今は「クリアアサヒ」をメインに置きながら、多様なニーズをしっかりつかまえることで、将来的にシェアは変わっていくだろう。短期的な数字をどう作るかはあるが、数字そのものに一喜一憂するより、長期的な戦略やお客様と長い関係を構築したうえで、シェアを上げていきたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT