BTS「Butter」が中高年男性も虜にする音楽的理由

マイケル、クイーンの影響下にある新しい音楽

BTSの音楽がなぜ受けるのかを分析(写真:アフロ)

この6月、日本とアメリカ、それぞれのビルボードの総合チャート「HOT100」で、同じ曲が1位になったのを、ご存じの方はどれくらいいるだろう。――その曲とは、BTS(防弾少年団)の『Butter』。

1963年の坂本九『SUKIYAKI』(上を向いて歩こう)以来、アジア出身の非英語圏歌手として、昨年、57年ぶりにアメリカのビルボード1位となった『Dynamite』、「フィーチャリング」として参加した『Savage Love』(リミックス・バージョン)、そして『Life Goes On』に続いての1位である。

BTSのブレイクまでの経緯、メンバーの魅力、ダンスの実力などは、他でもよく語られていると思うので、今回は『Butter』の音楽そのものについて、特に、なぜ日本でこれだけ受けるのかを分析してみたいと思う。

なぜなら、若者から遠く離れた50代男性の音楽評論家(=私)が、『Butter』を一聴して、その音楽的特徴にとても驚き、完璧な虜(とりこ)になってしまったからだ。

既存のポップと比べてなぜ曲が短い?

「短っ!」――まず驚いたのは、曲が短いこと。

何とたった2分44秒(私の使っているApple Music上の秒数、以下同様)。例えば、ビートルズの『Nowhere Man』(ひとりぼっちのあいつ)や『I Should Have Known Better』(恋する二人)と同じ秒数。実は、昨年の『Dynamite』も3分19秒で、こちらもかなり短い。

この連載の一覧はこちら

昭和歌謡の時代に比べて、Jポップの曲は一様に長かった。5分台は当たり前で、6~7分台でも、いつのまにか驚かなくなっていった。

平成の特に前半、Jポップの普及メディアはCD。価格が同じ、盤のサイズも同じ中での比較においては、長い曲のほうが「得した感」があったものだ。また、CDと並んで、Jポップの重要メディアだったカラオケボックスで、大仰なバラード曲が映えたことも、長い曲を求める要因となった。

次ページスマホとの親和性
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT