「脱・昭和」若者らがハマる新レトロブームの真相

いまなぜ「輸入レトロ」なのか?

このように、若者たちは今、積極的に海外からレトロトレンドを取り入れている。昭和レトロに飽きつつあるなか、これからも「輸入レトロ」への需要が高まっていくことが予想される。

また、現在日本が海外のレトロトレンドを輸入しているように、他の国が日本のレトロ・トレンドを取り入れている可能性がある。

実際、70〜80年代に流行した昭和のJ-POPが、韓国のDJがアレンジした竹内まりやの「Plastic Love」をきっかけに、「80年代シティポップ」として、海外で再評価され、大流行している事例もある。このように、海外で発展した日本を元にしたトレンドが逆輸入され、「輸入レトロ」として、日本に入ってくることも今後ありえそうだ。

原田の総評:今、海外のトレンドにたどり着きやすい

Z世代の間で起こっている「輸入レトロ」の実態、いかがでしたでしょうか。おそらくこのブームが起こり始めている背景には、理由がいくつかあるように思います。

1つ目は、昭和レトロブームに飽きてきたこと。私からすると当たり前の「昭和テイスト」は、ゆとり世代・Z世代の若者たちに新鮮なものとして受け入れられました。しかし、そのブームももう10年近く経ち、インスタ上でもこうした写真が増えすぎ、やや食傷気味になっているのだと思います。

2つ目は、この10年近くのSNS、特にインスタグラムの普及です。画像中心のインスタが普及していったからこそ、インスタ上で映える「昭和レトロブーム」が起こったわけですが、同時にそうした写真であふれ返ってしまった今、次なる「インスタ映え」を求めるようになった、ということです。

加えて、インスタはあまり文字の関係ない画像中心のSNSですから、英語ができなくても海外のおしゃれな画像にたどり着くことができ、収集することがしやすくなっています。そうした状況下、「昭和レトロ」に食傷気味なZ世代が「新しい映え」としてたどり着いたのが「輸入レトロ」だということです。

3つ目は、コロナです。長く続くコロナ禍により、海外旅行になかなか行けなくなり、Z世代の間で海外への憧れが高まっています。行けないかわりに海外の流行をSNSで検索するようになったり、海外のものを手に入れたり、海外の食べ物を食べたりする消費行動が増えているのです。その1つの詳細が、このコロナ禍にZ世代の間で「リアル台湾ブーム」が起こっていることです。

これまで日本にあった台湾料理屋さんは、中国本土の料理と一緒に提供されたり、日本人の口に合うようアレンジされて提供されるお店が多くありました。ところがこのコロナ禍に、あたかも台湾に旅行に行ったような、リアルで臨場感のある台湾料理店が増え、あるいは脚光を浴びるようになっているのです。

こうした理由から、今、Z世代の間では「昭和レトロブーム」から「輸入レトロブーム」へのニーズの移行が起こっていると考えます。ぜひ企業のマーケティングサイドの方はこの「変化」に耳をすまし、マーケティング施策に取り入れてみてはどうでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT