坂本龍馬も驚いた将軍「徳川慶喜の剛腕」と副作用

名だたる幕末の志士たちをやきもきさせた

慶応3年8月、慶喜が幕臣として取り立てた、側近中の側近である原市之進が暗殺されてしまう。

もちろん、暗殺は十分警戒しており、原はもちろん、側近の梅沢孫太郎や老中の板倉勝静にも護衛をつけていた。だが、原を襲ったのは、あろうことか、幕府内の攘夷派の刺客である。原は結髪中に背後から襲われて、首をもがれて殺害された。

慶喜は、原には密かに「幕府はもう持たない」と将軍就任前に思いを打ち明けていた(第6回参照)。それほど信用できる相手が殺されてしまったのである。慶喜の衝撃も相当なものだっただろう。

調停役を買って出た山内容堂と後藤象二郎

「このままでは日本は内乱状態に陥ってしまう」

そんな危機感を持って、幕府と薩摩をはじめとした倒幕派との間に立ち、調停役を買って出た人物がいた。土佐藩の山内容堂と後藤象二郎である。

慶応3年10月3日、後藤は山内の信任を受けて、坂本龍馬が立案したとされる「船中八策」をもとにした建白書を幕府に提出する。「船中八策」の一項目には、こう綴られていた。

「日本の政権を朝廷に奉還し、政令はみな一本化して朝廷から出す」

天下の政権を朝廷に返す――大政奉還である。政権を手放すなど、誰もが躊躇するだろうと思われたが、慶喜の行動はいつも斜め上をいく。なにしろ、慶喜はまだ家茂の将軍後見職だったころに、秘めていた開国論を打ち明けて、さらにこう続けていたのだ。

「今、自分がこのような意見を立てるのは、すでに幕府をないものと見て、日本全国のためを謀ろうとするからだ」

徳川家の人間にもかかわらず、いや徳川家の人間だからこそ、誰よりも早く幕府を見切っていた慶喜。慶応3年10月14日、時代は大きく動く。大方の予想に反し、慶喜はあっさりと大政奉還に踏み切ったのである。

(第9回につづく)

【参考文献】
徳川慶喜『昔夢会筆記―徳川慶喜公回想談』(東洋文庫)
渋沢栄一『徳川慶喜公伝全4巻』(東洋文庫)
家近良樹『徳川慶喜』(吉川弘文館)
家近良樹『幕末維新の個性①徳川慶喜』(吉川弘文館)
松浦玲『徳川慶喜将軍家の明治維新増補版』(中公新書)
野口武彦『慶喜のカリスマ』(講談社)
藤谷俊雄『「おかげまいり」と「ええじゃないか」』(岩波新書)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT