坂本龍馬も驚いた将軍「徳川慶喜の剛腕」と副作用

名だたる幕末の志士たちをやきもきさせた

そんな慶喜の勢いは、最大の後ろ盾である孝明天皇が急死したことで、失速するかに見えたが、それさえも逆手にとった。

これまで慶喜は大の外国嫌いの孝明天皇に遠慮して、攘夷に明確な反対を示さなかった。父・斉昭があれだけ頑固に攘夷を貫いたにもかかわらず、いや、父がそうだったからこそ、慶喜は明快な開国思想を胸に秘めていたが、それを公にはできなかったのである。

もはや父も孝明天皇も、すでにこの世を去った。もう誰にも遠慮することはない。慶喜は4カ国の公使に、兵庫開港を確約。開国派の指導者として、その存在感を露わにした。

薩摩の策略を上手にかわした

慶喜の独断に焦り、憤ったのは薩摩だ。薩摩藩の国父、島津久光に対して、参謀の大久保利通はこんな奏上を行っている。

「討幕準備は進んでいる。居丈高に圧倒すべし」

久光のほか、山内豊信、伊達宗城、松平慶永らがそろう四侯会議で「慶喜とケンカしてきてください」と、大久保は念を押したのである。よほど久光がちゃんとやれるか心配だったのだろう。大久保と西郷は、慶喜をどう追い詰めるかのシナリオも、久光に建言書として4通も送っている。

大久保たちの作戦は、簡単にいえばこうだ。長州の処分について幕府に寛大な処置を訴え、長州征伐が誤りだったことを認めさせる。そのうえで、慶喜が独断で進めた兵庫開港問題での幕府の対応を責め立て、外交権を朝廷に移管し天皇中心の体制を目指すべきだ、と追い込もうと考えたのだ。

だが、慶応3(1867)年5月、四侯会議がいざ開かれると、慶喜は久光の要求をすべて上手にかわしていく。「長州問題を先に片付けるべき」という久光の言い分は「長州の処分は内政の問題でいつでも処置できる」として受け流しながら「幕府は寛大に処分するつもりだ」とあっさり引いて、肩透かしを食らわした。

次ページ兵庫開港問題への対応は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT