「マニュアルに手を加える人」に欠けている視点

「自分なりの工夫」を試みることは大切だが…

マニュアルを時と場合に応じてアレンジするのはなぜ悪いのでしょうか? バイトだからといって怒られるのは納得いきません(写真:Graphs/PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

バイトだからといって、マニュアルを時と場合に応じてアレンジすると怒られるのは納得いきません。私はロボットでも奴隷でもないのです。いつも余計なことをするなと言われてクビになります。自分なりの工夫を入れることがなぜ悪いのでしょうか。
無職 中野

組織のやり方を変える方向に持っていく

工夫をすることが悪いのではなく、その工夫が業務の改善につながるという共通認識が組織内において形成されていないことが問題なのです。

この連載の記事一覧はこちら

マニュアルの存在意義を考えると、よかれと思ったことを勝手にするのではなく、組織としてやり方を変える方向に持っていかないといけません。

仕事をするにあたって、自分なりに工夫を試みることは非常に大切ですし、すばらしいことだとは思います。

どんなマニュアルであれ、時が経つにつれて実態に即さなくなってきたりして古くなる、つまり改善の余地が生まれるのが普通です。そしてそのような場合に作業マニュアルなどをアップデートするにあたっては、中野さんのように実際に実務をこなす方の意見が大切なのは言うまでもありません。

したがって、そのような工夫や改善策をつねに出していこうとする姿勢は本来評価されるべき姿なのです。しかしながら、大切なことはその工夫や改善が、やっている本人のみならず、組織内部における共通認識として「いいものである」とみなされることが重要です。

要は独りよがりではいけない、ということです。

マニュアルの存在意義というのは複数ありますが、いずれにせよそれが一番効率のいいやり方であるとみなされた結果として存在するのです。組織内でアウトプットを出すことにおいていちばん効率のいいやり方であるという共通の認識がもたれているからこそ存在しているのであり、その意味において価値があるのです。

その結果としてマニュアルに従い作業をすることで、作業者間におけるクオリティーや効率をできる限り均一化し、作業の結果としてのアウトプットの質を統一するということにつながるのです。

次ページ作業工程を統一し、アウトプットを均一化する
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT