強要型リーダーが致命的に判断を誤りがちな訳

キレて無理強いする人を時代遅れにした変化

リーダーによる強要をやめるべき理由とその方法とは? (写真:RichR/PIXTA)
言葉の使い方を変えることで、自分が率いる潜水艦の評価を最低から最高に引き上げ、ベストセラー『7つの習慣』の著者、コヴィー博士から絶賛された伝説の艦長がこのほど、『LEADER’S LANGUAGE(リーダーズ・ランゲージ) 言葉遣いこそ最強の武器』を上梓した。
あらゆる組織のリーダーに役立つ、伝え方のパラダイム転換を促す本書から、リーダーによる強要をやめるべき理由とその方法について、一部を抜粋・編集してお届けする。

なぜリーダーが強要するようになったか

今を生きる私たちが組織の何を変える必要があるかを理解するには、産業革命期の組織について知ることがカギとなる。当時の組織は、働く人々をリーダーとリーダーに付き従う部下、つまりは決断する者と実行する者に分断していた。その名残は、職場の肩書や制服に見て取れる。

『LEADER'S LANGUAGE 言葉遣いこそ最強の武器』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

決断する者と実行する者が分かれていたため、リーダーは部下に対し、部下が決定に関与しなかった仕事、彼らが「受け入れたわけでもない」仕事を実行するようにと説得しないといけなかった。必然的に、強要が求められたのだ。

外野が決めた方向づけに服従させる、それがリーダーの仕事のすべてだった。

産業革命のやり方に則したリーダーは、中断せずに働き続けるように人々を条件づけする。「中断」によって生産が進まなければ、それは遅れとなる。それは工程表上では「無駄」となり、排除すべきものとみなされるからだ。

次ページ中断を阻止するリーダー
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT