強要型リーダーが致命的に判断を誤りがちな訳

キレて無理強いする人を時代遅れにした変化

これらの言葉を順に検証し、チームのメンバーから中断の声をあがりやすくするものかどうかを、5段階評価で採点してみよう。

a.「今日も安全にいこう」 3点

曖昧すぎて何の意味も持たない。それに、安全な環境づくりの責任を、作業する人々に転嫁しているとも言える。現場の作業員が、基本的な安全対策をどうにかする権限を持つとは思えない。この言い方は、よく評価してもせいぜい、赤ワークから脱する難易度を上げるほどのものではない、というくらいでしかない。

b.「今日のノルマをこなすぞ」 1点

これは中断を阻止する言葉だ。チームは赤ワーク=生産モードに追いやられ、自分たちの力を示そうとする「証明の思考心理」に陥る。このように言われたら、中断の呼びかけはいっそう難しくなる。

c.「12時に確認にくるからな」 3点

これは「確認」の意味による。進捗具合を確かめるという意味なら、作業員たちは監督によって審判を下されるように感じ、いっそう赤ワークに追いやられる。一方、作業員の満足度や、赤ワークから脱する必要性を確かめるという意味なら、作業員も中断を口にしやすくなる。

現場の声を引き出す5点満点の言い方

d.「少しの雪ぐらいでひるむなよ」 1点

この警告は、作業を中止すべきほどに天候が悪化しても、中止を言い出しづらくさせるものだ。沈没した貨物船〈エルファロ〉の船長が、「ちょっとの天候の荒れ」でも迂回路をとるのかと船員をからかった言葉に相当する。

e.「危険につながる変化に気づいたら、メールで知らせてくれ」 4点

この言葉なら、懸念の共有をチームに促せる。中断が必要だという合図を現場が出すハードルを下げるだけでなく、合図を送る手段まで提示している。また、状況の変化に気づいたら知らせてほしいとしているので、実際に安全でない状況が生じるまで待つ必要もない。

f.「嵐がちょっと気がかりだな。いまから作業を始めるが、12時にあらためて検討する。それに先駆けて、11時30分に現場の状況を確認したい」 5点
次ページ責任者が率先して弱さを見せると
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT