強要型リーダーが致命的に判断を誤りがちな訳

キレて無理強いする人を時代遅れにした変化

ほとんどの組織では、自発的に動く人、すなわち素早く決断し、すぐさま実行に移す人が出世する。私もそういうタイプなので、海軍で昇進した。それは、周囲のメンバーを急き立てたり、丸め込んだり、やる気にさせたりしてものごとを終わらせることが得意だったおかげだ。

私は自然と、そういうことをするのがリーダーとしての役割であり、ものごとを終わらせるのがほかの人より自分はうまいと感じていた。

そして、遅れを最小限に抑えるために、チーム全体としてやるべきことがどのくらいあるか、各メンバーにどれほどの貢献を期待しているか、また私たちは外部からどれほど頼りにされているかを、口頭でメンバーに伝えるようにしていた。

つまり私は、メンバーが中断の声をあげることを、あえてしづらくしていたのだ。まさに中断を阻止していた。

ここで「阻止」という言葉を使っているが、これは何かが起こることを防ぐために事前に何らかの措置をとるという意味だ。私の場合は、チームを赤ワーク(決まったことの実行)に専念させ、赤ワークから抜け出すハードルを高くする目的で、先のようなことを伝えていたのだ。

嵐に向かって航海を続け、方向転換の機会がありながらそれを生かせず沈没してしまった貨物船〈エルファロ〉の船長は、次のような言葉を発して、船員たちからの「中断」の呼びかけを阻止している。

「ほかにどうしようもない」という言葉の負の力

❖「今回は耐えるしかないな」
❖「あらゆる天候のパターンから逃れるなど不可能だ」と言い、「大変だ、大変だ」と取り乱した船員のモノマネを続けた。
❖「嵐に突っ込むのですか?」と尋ねた船員への返答が、「ほかにどうしようもない」だった。

いずれの言葉も、船長の決断に対する疑問に対して、壁となって立ちふさがるものだ。船長には、部下に発言させまいとする意図はなかったのかもしれないが、それでも中断を阻止する効果は十分にある。

次ページ大げさな感情表現で議論を封じる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT