プロ野球「新リーグ」が九州に新設された深い訳

あえて「独立リーグ」と名乗らない理由とは

「九州アジアリーグ」が目指すものとは(写真:筆者撮影)

今春、九州地区で新たなプロ野球リーグが開幕した。熊本を本拠地とする火の国サラマンダーズと大分を本拠地とする大分B-リングスの2球団からなる九州アジアリーグだ。一般社団法人 日本独立リーグ野球機構(IPBL)に属するリーグとしては、四国アイランドリーグplus、ルートインBCリーグに続く3つ目のリーグになる。

新型コロナ禍で船出した新リーグは、何を目指しているのか。代表理事の田中敏弘氏に話を聞いた。

「独立リーグ」を名乗らない理由

「IPBLに加盟してはいますが、うちは独立リーグとは名乗っていません。“独立”というのは、日本のプロ野球リーグ(NPB)から独立したリーグという意味ですが、私はそれを意識していません。九州に新たなプロ野球のリーグができたという認識です。プロ野球との関係や、他の独立リーグとの連携ももちろん大事ですが、九州にできたこのリーグからどんなことができるか、私はそれを考えています」

このコメントからは、田中氏の並々ならぬ意気込みが見て取れる。その背景には「野球人」として積み重ねてきた田中氏のキャリアがある。

これまでの独立リーグの運営者や球団経営者の多くは、地域の一般企業の経営者やサラリーマンだ。スポーツチームの運営の経験がない素人が多い。また本格的な野球経験がある人も少ない。

九州アジアプロ野球機構の田中敏弘・代表理事(写真:筆者撮影)

しかし田中氏はこうした経営者とは一線を画する。九州学院高時代の1987年には夏の甲子園に出場。2回戦で野村弘樹、立浪和義らのPL学園に2-7で敗退。明治大学に進み、内野手として活躍。

さらに日本通運浦和(のち日本通運)でもプレー。1994年社会人野球日本選手権で、日産自動車を下して優勝したメンバーの一人となっている。

2000年に引退後は、郷里熊本でスーパーマーケット、株式会社鮮ど市場の経営者となるが、2005年に社会人野球の「熊本ゴールデンラークス」を創設、翌年から日本野球連盟に加盟し、都市対抗野球や社会人野球日本選手権にも出場。4人のプロ野球選手を輩出するなど、九州地区の強豪として活躍した。

次ページ九州アジアリーグ設立の背景
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT