張本勲の「佐々木不登板批判」に募る強い違和感

投手に苦難強いる高校野球の日程も大問題だ

球界のご意見番の発言が大炎上した(写真:共同通信)

「ケガが怖かったら、スポーツはやめたほうがいい。」

張本勲氏が放ったひと言である。

最速162km/hの球速を誇る大船渡高校のエース・佐々木朗希投手が、岩手県大会の決勝に登板しないまま敗れた。

それを受けて7月28日(日)放送のTBS「サンデーモーニング」に出演した張本氏は「最近のスポーツでいちばん残念なこと」と切り出した。

「(佐々木投手は)予選で4回しか投げていない。450球くらい」

「去年の金足農・吉田は800球投げた」

決勝前日に129球投げた佐々木投手に対しても「それがどうした」「かつての大投手はみんなそうやってきた」と述べた。

そして「肩の故障を回避するため」と登板理由を明かした国保監督の決断にも、

「監督と佐々木投手だけのチームじゃない」「ナインはどう思うのか」と批判した。

「日本では投げて投げて力をつけるもの」

さらに、「監督はアメリカの独立リーグにいたから、肩は消耗品だと思っている」「日本では投げて投げて力をつけるもの」と得意の〝米国流への異論〟を展開した。

投球過多を懸念する声に対しては、「壊れても当然。ケガをするのはスポーツ選手の宿命」「痛くても投げさせるくらいの監督じゃないとダメ」とぶち上げた。

そして、冒頭の「ケガが怖かったら、スポーツはやめたほうがいい」へと続いたのである。

この発言が大炎上した。

ダルビッシュ有投手は「シェンロン(どんな願いも叶えてくれる『ドラゴンボール』の登場キャラクター)が一つ願い事を叶えてあげるって言ってきたら迷いなくこのコーナーを消してくださいと言う」とTwitterでつぶやくと瞬く間に12万のリツイートがされた。

次ページ長友佑都選手も「同意」のリツイート
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT