張本勲の「佐々木不登板批判」に募る強い違和感

投手に苦難強いる高校野球の日程も大問題だ

彼ら以外にも、高校野球で肩や肘を壊して、大学野球や社会人野球、さらにはプロ野球という次のステージに進む〝夢〟を諦めた球児は数多くいるだろう。

張本氏は「それを乗り越えて活躍するのがプロ!」と言いたいのかもしれない。

確かに松坂大輔投手(横浜)、ダルビッシュ有投手(東北)、田中将大投手(駒大苫小牧)といった、それぞれ甲子園で決勝戦まで投げた3人は、プロ野球・メジャーリーグでも一定の成績を残している。

そんな彼らも、メジャー入り後に それぞれ右肩(松坂)、右肘(ダルビッシュ)を痛めて手術をした。田中投手も手術こそ回避したもののやはり右肘を故障している。

昭和的な運動部・体育会系気質が非難される時代

張本氏の発言は時代錯誤に映る。そして彼が選手に「苦難」を強要する、昭和的な運動部体質の持ち主であることが改めてクローズアップされた。

昨年の日大アメフト部における〝タックル強要〟の問題。

ボクシング協会会長による〝私物化〟問題。

女子レスリングの代表監督、日本体操協会の女子強化本部長による〝パワハラ問題〟。

少し前には大相撲での〝体罰〟事件。

これらはすべて旧態依然とした昭和的な運動部・体育会的な体質から引き起こされて、大きな非難を浴びてきた。これらの事件・問題と今回の張本氏の発言は、根本的に質が同じだと言わざるをえない。

選手に体を酷使することを「当然」と言い切ってしまう。スポーツ選手である以上、厳しい練習やハードなトレーニングは当然だろう。ただし、それはあくまで体力や技術の向上のためである。激しい試合の中で負傷することもあるだろう。それも選手は理解しているはずだ。

とはいえ、「体の酷使は当たり前」「ケガも当たり前」はおかしな話だ。

次ページとどのつまりは高校野球の「日程問題」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT