「今の新人はかわいそう」と思っている人の誤解

変わらない会社に優秀な人材は嫌気がさす必然

「やがて元に戻るはず」と現実から目をそらせば、根本的な問題は解決されないままです。現実に向き合う企業とそうでないところとの差は、開くばかりです。

リモートワークに本気で取り組まない会社は人材から選ばれなくなります。去年、優秀な学生はリモートワークに積極的な会社を選びました。人材派遣の会社の人からも、同様の現象が起きているという話を聞きます。転職市場でも同じことが起きているでしょう。

優秀な人材を獲得できない企業は競争力を失います。採用PRにお金をかけるより、働き方を変えることに注力したほうがいいでしょう。

リモートでも成果を上げるチームワーク3つの行動原理

私の近著『チームワーキング』では、リモートワークでも成果を出せるチームの行動原理を以下の3点にまとめています。

1)Goal Holding:目標を握り続ける

チームが成果を上げるには、目標を共有することが重要ですが、最初に目標を定めるだけでは不十分です。外部環境の変化などで前提が変われば、メンバー間の目標認識にもずれが生じるからです。

そのため、つねにチームメンバーが目標を正しく共有し続ける状態を維持するため、つねに目指すゴールはどこか、全員で確認し合う必要があります。

2)Task Working:動きながら課題を探し続ける

目標を定めたら、現状とのギャップを解決すべき課題として定義するでしょう。しかし複雑な世界において単純な課題などなく、正確に定義しようとすると、解くべき課題を探すことが目的化しかねません。

そうならないために、最初は大まかな課題の方向性を「仮決め」して何らかアクションをしてみて、折に触れて軌道修正することをお勧めします。

3)Feedbacking:相互にフィードバックし続ける

もう1つ重要なのは、課題解決を行いながら、チーム全体で相互にフィードバックを行うことです。

ここでいうフィードバックとは、耳の痛いことを含めて相互に伝え合うことであって、人間関係の維持を目的とした褒め合いではありません。

上記3つはいずれも「し続ける」ことが重要であることを忘れないでください。

次ページ前向きに現実を捉える3つのポイント
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT