「永久在宅勤務」が日本で主流の働き方になる日

在宅勤務に向く「人物×職種」の検証も広がる

コロナの影響で新しい働き方が必要となってきた中、「永久在宅勤務」の社員を増やしていこうとする動きが出てきているようです(写真:kou/PIXTA)

5月、6月とは比較にならないほど、街中で見かける人の数が増えてきました。筆者が住む東京都内は6月12日に東京アラートがステップ3に移行して以降、飲食店の営業は夜0時まで可能となり、「飲みに行って」ストレス解消する人でにぎわう様子も見かけるようになりました。

リモート勤務を活用しながらも段階的に出勤日を増やす会社が増え、オフィス街にも人がかなり戻っています。

そうした中、東京では1日に200人を超える感染者が出る日が続き、再びの自粛懸念もささやかれています。経済活動を本格化させるためにも、感染を最小限に食い止めつつ仕事も止めない、新しい働き方がいよいよ必要となってきています。

そこで出てきたのが、「永久在宅勤務」の社員を増やしていこうとする動きです。この動きについて、この記事では一緒に考えていきたいと思います。

経営者に在宅勤務のリアルさがなかった

コロナの影響が起きる前から在宅勤務する会社員は一定数いました。ただ、数にすればごくわずかなもの。日本テレワーク協会の調査ではコロナ前は週に1日テレワークを利用している人の割合で16.6%程度。8割弱の人が在宅勤務を未経験でした。

管理職が自分の目の届く状況でマネジメントをしたい、社員自身も職場で対話しながら勤務することを希望している――。そうした理由もありましたが、それ以上に、在宅勤務ではパフォーマンスが下がると考えられていたことが大きかったように思えます。

システム開発会社を経営する知人も、コロナ前までは「在宅だとサボるに違いない」との懸念から在宅勤務に反対派でした。同じように反対する発言を(主に経営者から)聞くことがよくありました。

同じオフィスで密につながりを感じながら仕事することで働く意欲が高まり、パフォーマンスが出たという成功体験を自らが持っているからかもしれません。逆に言えば在宅勤務の成功体験を持つ経営者には、ほぼ遭遇したことがありません。組織運営を行うキーマンにとってリアルさがないことも、活用を阻む壁になっていたかもしれません。

次ページ在宅勤務を継続できうる「人物×職種」の定義
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。