浮き彫りになった「リモートワーク」の功罪

病院で「受診控え」が発生、公共工事中止も

コロナウイルスの感染拡大により、インフラ整備にも影響が出始めている(撮影:今井康一)
新型コロナウイルスは、日本の医療体制の問題も浮き彫りにした。コロナウイルスの拡大によって、高血圧や糖尿病など、既存の持病を抱えている患者にも影響が及びつつある。
また、社員らに感染者が広がり、大手商社などではリモートワークや在宅勤務の動きが広がっているが、仕事の生産性という面では功罪があるようだ。
一方、プラント建設や住宅設備の部品供給に遅れが生じるなど、日本経済を支えるインフラや住宅産業へも影響は及び始めている。緊急座談会の最終回(第4回)は、インフラ分野の担当記者が話し合った。

感染恐れ、病院へ行く人が減っている

デスク)新型コロナウイルスの感染が広がり、医薬品企業は大忙しではないの?

記者A)「受診控え」が痛い。

デスク)どういうこと?

A)病院へ行く人が減っている。医薬品卸の担当者が言うには、高血圧や糖尿病といった慢性疾患の人や、症状の軽い人が、病院での受診を控えるようになっている。病院へ来て新型コロナウイルスに感染することを恐れているのだという。

受診控えが起きているため、医療機関が処方する薬が減り、製薬企業や医薬品卸の業績を下押しするかもしれないね。

デスク)病院へ行かなくなっているのは患者だけ?

A)いや。MR(医薬情報担当者)もだ。製薬会社のMRが医療機関へ訪問することを自粛する動きが広がっている。

ファイザー日本法人など外資系大手だけでなく、沢井製薬など後発医薬品大手も自粛している。武田薬品工業やアステラス製薬といった大手製薬では、MRの在宅勤務が推奨されているよ。

ただ、後発品メーカーへの業績影響が心配だね。後発品は毎年6月に多くの新商品が発売される。2月ぐらいから販促活動に力を入れ始めるので、いまのタイミングでMRの訪問自粛は痛いはずだ。

次ページ東京五輪を見据えて在宅勤務を推進
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT