遠隔ワーク熟練者に学ぶ「家で超快適に働く技」

「空間」と「時間」の使い方で差がつく

自宅の作業環境の整え方を解説します(写真:asaya/PIXTA)
コロナ禍でリモートワークの普及が進んでいますが、自宅で快適に作業をするためにはどうすればいいのでしょうか。アメリカのマイクロソフトにおいて、Windows95、Windows98などのチーフアーキテクトを務めた経験を持つプログラマーで、新著『ニュー・エリートの時代』を上梓した中島聡氏が解説します。
前回:「初対面でWeb会議申し込む人」が迷惑すぎる訳
前々回:コロナ以降も「仕事で淘汰されない人」の3条件

パソコンは有線でルーターにつなぐ

リモートワーク全盛の時代におけるコミュニケーションにはSlack(スラック/仕事向けのチャット・サービス)を使うのがいいと私は考えていますが、ビデオ会議に参加する機会は今後増えていくでしょう。

私も、堀江貴文さんのオンライン・イベント「スナック堀江万博」にゲストとして出演したことがありますが、対談はZoomで行いました。Zoomで起こりうる細かな問題は過去に何度も経験していたので、このビデオ対談に臨むにあたっては、丁寧に準備をしておきました。

パソコン(MacBook)はWi-Fiではなく、有線(イーサネットケーブル)でルーターにつないでおきました。Wi-Fiは電波が強くてもどうしてもノイズがあるため、時々パケットロスが起き、音が途切れてしまうからです。

NetflixやYouTubeのようなストリーミング放送の場合、バッファを十分に(数秒間)とっているため、多少のパケットロスがあってもリカバリーが可能ですが、ビデオ会議の場合、あまりバッファを長くとると遅延が生じて話しにくくなるため、バッファは最低限に抑えてあります。

そのため、少しでもパケットロスがあると、音が途切れたり音飛びしたりしてしまうのです。

次ページパソコンのスピーカーとマイクは使わない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT