遠隔ワーク熟練者に学ぶ「家で超快適に働く技」

「空間」と「時間」の使い方で差がつく

自宅の作業環境の整え方を解説します(写真:asaya/PIXTA)
コロナ禍でリモートワークの普及が進んでいますが、自宅で快適に作業をするためにはどうすればいいのでしょうか。アメリカのマイクロソフトにおいて、Windows95、Windows98などのチーフアーキテクトを務めた経験を持つプログラマーで、新著『ニュー・エリートの時代』を上梓した中島聡氏が解説します。
前回:「初対面でWeb会議申し込む人」が迷惑すぎる訳
前々回:コロナ以降も「仕事で淘汰されない人」の3条件

パソコンは有線でルーターにつなぐ

リモートワーク全盛の時代におけるコミュニケーションにはSlack(スラック/仕事向けのチャット・サービス)を使うのがいいと私は考えていますが、ビデオ会議に参加する機会は今後増えていくでしょう。

私も、堀江貴文さんのオンライン・イベント「スナック堀江万博」にゲストとして出演したことがありますが、対談はZoomで行いました。Zoomで起こりうる細かな問題は過去に何度も経験していたので、このビデオ対談に臨むにあたっては、丁寧に準備をしておきました。

パソコン(MacBook)はWi-Fiではなく、有線(イーサネットケーブル)でルーターにつないでおきました。Wi-Fiは電波が強くてもどうしてもノイズがあるため、時々パケットロスが起き、音が途切れてしまうからです。

NetflixやYouTubeのようなストリーミング放送の場合、バッファを十分に(数秒間)とっているため、多少のパケットロスがあってもリカバリーが可能ですが、ビデオ会議の場合、あまりバッファを長くとると遅延が生じて話しにくくなるため、バッファは最低限に抑えてあります。

そのため、少しでもパケットロスがあると、音が途切れたり音飛びしたりしてしまうのです。

次ページパソコンのスピーカーとマイクは使わない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT