リモートワークに最強「新Mac」必ず売れる理由

独自開発のプロセッサー「M1」がすごすぎる

ビデオでM1搭載Macを紹介するアップルのティム・クックCEO。Apple Park内の社食「Caffé Macs」で収録された(写真:アップル基調講演ビデオより)

アップルはアメリカ時間11月10日、2020年に入ってから4度目となるオンラインイベントを開催し、これまで「Apple Silicon」と言われていた独自開発のプロセッサー「M1」を搭載する主力のコンピューター「Mac」を発表した。いずれのモデルも、日本時間11月11日からアップルのサイトで予約を受け付け、11月17日に発売する。

2020年6月の開発者会議「WWDC20」で、今後2年かけて、これまで採用してきたIntelチップから自社設計のチップへ移行する計画と、2020年中に最初の製品を発売することを明らかにしており、今回のイベントでその公約を守ったことになる。しかし、一挙に3モデル登場させたことは驚きがあった。

今回登場したのは薄型軽量のノートブックである13インチMacBook Air、プロ向け13インチMacBook Pro、そして小型デスクトップのMac mini。当初モバイル中心に登場するとみられていたApple Silicon搭載Macに、小型ながら高性能なデスクトップが用意された点で、プロフェッショナルが多いMacユーザーへの訴求も欠かさなかった。

「ビデオ会議でファンが回らない」

M1搭載Macに共通するメッセージは、「Intel搭載モデルよりも数倍高速で、競合となる同じクラスのバッテリー持続時間が大幅に伸び、機械学習や画像処理などよく使われる処理を高速化している」という点だ。

これまで「Apple Silicon」と呼ばれていたチップは「M1」と名付けられた。iPhone 12に採用されたA14 Bionicの強化版と位置づけられる(写真:アップル基調講演ビデオより)

MacBook Airについては、Intelモデルは廃止され、M1チップ、メモリー8GB、ストレージ256GB搭載モデルを10万4800円(税別)から発売する。処理性能はこれまでの3.5倍へと一気に跳ね上がり、グラフィックスも5倍の性能を誇る。それでいて、バッテリー持続時間は18時間のビデオ視聴に対応する。Windows PCとの比較では、最も売れている価格帯のラップトップより3倍高速で、世の中にある98%のラップトップPCより高速であるという。

Mac miniはIntelモデルとの併売となるが、M1搭載モデルはメモリー8GB、ストレージ256GBで7万2800円(税別)から用意される。Intelモデルと比べて3倍高速なCPU、6倍高速なグラフィックス、15倍高速な機械学習処理を実現する。

次ページアップルが打ち出したメッセージ
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT