5G対応「iPhone 12」は形も大きさも超絶進化

最も小さく薄くて軽い「iPhone 12 mini」が登場

iPhone 12 miniを紹介するiPhoneマーケティング担当バイスプレジデント、カイアン・ドランス氏(写真:アップル基調講演ビデオより)

アップルはアメリカ太平洋夏時間10月13日午前10時(日本時間10月14日午前2時)に新製品発表会を開催し、2020年モデルとなるスマートフォン、「iPhone 12」シリーズを発表した。今回も、カリフォルニア州クパティーノにある本社を使った映像表現で、テンポ良く発表が進んだ。

大きなトピックは、デザインが久しぶりに大きく刷新されたことだ。

2014年に登場したiPhone 6は、丸みを帯びた側面で登場し、背面がアルミからガラスに変更されてもなお、2019年モデルまでその意匠を引き継いできた。今回発表の2020年モデルのiPhoneでは、側面の丸みがなくなり垂直に7.4mm立ち上がるデザインへと変更された。2010年登場のiPhone 4や、iPad Pro、iPad Airの雰囲気に近い。

iPhone 12はiPhone 11と同じ6.1インチのディスプレーだが、エッジのデザイン変更、ディスプレーの有機EL化などでサイズは15%減少し、厚みも11%薄く、また16%の軽量化を実現した。

ディスプレー側のガラスにはコーニング社との協業で作り出したクリスタルシールドが採用された。スマートフォンの中で最も硬く、落下に耐える性能が4倍であるとしている。なおアップルは、アメリカ向け先端製造業ファンドを通じて2019年、コーニング社に2億5000万ドル(約270億円)出資した関係にある。

新しいiPhoneは計5機種

新しいiPhone 12には2つのグレードと3つの画面サイズが設定された。
いずれのグレードにも、5G、A14 Bionic、コントラスト比200万:1のSuper Retina XDRディスプレー、前述のクリスタルシールド、F1.6と明るくなった広角レンズ、すべてのカメラでのナイトモード・Deep Fusion(合成による写真の高精細化処理)、Dolby Visionに対応するHDRビデオ撮影、磁石で位置合わせが可能で15Wに高速化されたワイヤレス充電「MagSafe」といった機能は共通で、2020年のiPhoneのスタンダードとなる。

2つのグレードはiPhone 12とiPhone 12 Proだ。それぞれのグレードに2つの画面サイズが用意され、iPhone 12とiPhone 12 Proは6.1インチで共通化され、フレームの材質とカメラで差別化される。

今回真新しいのは、新たに5.4インチ有機ELディスプレーを備えたiPhone 12 miniだ。

次ページ新しいサイズで狙う、新しいターゲット
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT