5G対応「iPhone 12」は形も大きさも超絶進化

最も小さく薄くて軽い「iPhone 12 mini」が登場

MagSafeはワイヤレス充電に、磁石による位置合わせと、NFCによるアクセサリー認識の付加価値を持たせた(写真:アップル基調講演ビデオより)

ワイヤレス充電パッドでデバイスを充電する際に問題になるのが、位置だ。パッドとスマートフォンのコイルの位置がズレると、充電がうまく作動せず、朝起きても充電できていない、ということがよくある。そこでアップルは、ワイヤレス充電コイルに位置合わせのための磁石を入れることで、問題解決に取り組んだ。

面白いのは「MagSafe」という名称とデザインだ。名称としては、USB-Cポートを採用する以前のMacBookシリーズで用いられていた磁石でくっつく充電器のリサイクルだが、実装としては現在のApple Watchで採用されている充電器を大型化したようなイメージだ。

さらにMagSafeに付加価値を付けた。磁石を用いてiPhoneの背面に吸着できるようになるため、クレジットカードなどを収納できるレザーウォレットなどの新しいアクセサリーを用意した。またNFCを用いた識別機能を用意することで、スポッとかぶせるタイプのケースでもディスプレー側の窓から時間を確認できるなど、アクセサリーの機能性や自由度も向上する。

アップルは、iPhoneの画面の中にアプリ経済圏を作り出したが、背面に磁石で吸着するアクセサリー経済圏を構築しようとしている。おそらく今後もMagSafeは規格として継続していくことになり、サードパーティーが安心して参入できる環境を一挙に整えた。

Proモデルのカメラ機能

iPhone 12 Proは5.8インチから6.1インチに画面が拡大された通常モデルと、6.5インチから6.7インチにさらに大画面化したiPhone 12 Pro Maxが用意された。

iPhone 12のアルミフレームとは異なる、ステンレススチールを用いたフレームが採用され、シルバー以外はすべて新色となるグラファイト、ゴールド、パシフィックブルーの全4色がそろう。ゴールドは、Apple Watchのステンレススチールケースと同様、金を含まないながら18金のような輝きを放つ新しい仕上げ。またブルーは2019年モデルのグリーンと入れ替わった落ち着いた色合いだ。

Proモデルはカメラが異なる。iPhone 12には広角と超広角の2つのカメラを備えているが、iPhone 12 Proにはこれに望遠と、5mまでの正確な測距が行えるLiDARスキャナが追加される。LiDARスキャナはARアプリでの空間把握を素早く正確に行えるが、iPhone 12 Proではさらに、暗所でのオートフォーカスの高速化にも活用することで、6倍の速度に向上させた。

また「Apple ProRAW」と呼ばれるセンサーデータをそのまま記録する画像保存が2020年中に利用できるようになるのもProモデルのメリットだ。iPhoneの「写真」アプリやAdobe Lightroomなどの写真編集アプリを用いて、画像劣化を起こすことなく好みの仕上がりに編集することができるようになる。

iPhone 12 Pro Maxは、さらにカメラの仕様が異なる。まず広角カメラは、センサーシフト式の光学手ぶれ補正が採用され、2秒間の手持ちシャッターでもブレずに写すことができ、暗所撮影がもっと安定する。加えて、望遠レンズはiPhone 12 Proの52mmよりもさらに拡大される65mmとなった。光学ズームで5倍、デジタルズームで12倍は、iPhone 12 Proよりも大きく近く寄ることができる。

こうしてみると、iPhone 12 Pro MaxはiPhone 12 Proより1万1000円高いが、ディスプレーサイズ、カメラの違いから、それ以上の体験価値が備わっていると感じることができる。一方iPhone 12 Proは、iPhone 12よりカメラは1つ多いが、iPhone 12 Pro Maxのカメラの魅力からすれば、おとなしい性能だ。

次ページ発売時期と価格は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT