新アップルウォッチの凄すぎる健康機能の全貌

使ってわかったバッテリー持続時間の向上

「Apple Watch Series 6」44mmブルーアルミニウムケース。雨の日でも、鮮やかな青がこれまでと異なる印象を見せてくれる(筆者撮影)

アップルはアメリカ時間9月15日にオンラインで開催したイベントで、同社のスマートウォッチ製品、Apple Watchの最新版となる「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」を発表した。いずれも40mmと44mmの2つのサイズの文字盤と、それぞれにGPS版、単独でモバイル通信が可能なセルラー+GPS版が用意されている。

Apple Watch SEは、日本での価格税別2万9800円~の中堅モデルとして登場した。Series 6と同じボディだが、Series 5と同じS5チップを内蔵し、Series 4と同じ常時点灯に対応しないLTPO有機ELディスプレーとするなど、機能を省いたモデルとなっている。新機能や、新しいカラーのアルミニウムケース、ステンレスやチタンといった上質な素材のスマートウォッチではなく、より身近な存在として登場した。

一方の4万2800円~販売されるApple Watch Series 6には話題が盛りだくさんだ。

アルミニウムケースも、これまでのシルバー、スペースブラック、ゴールドに加え、ブルー、そして(PRODUCT)REDの赤いケースが登場した。さらにステンレススチールのゴールドは、金を一切含まないが、まるで18金のような仕上げを実現する新しいカラーに入れ替えられ、魅力を増している。

その中から、新色のブルーアルミニウムと新しいバンドの使い勝手、大きく進化した3つのポイントについて、実機を2週間使った結果をレビューしていこう。

新色と「ソロループ」という新しいバンド

今回レビューしたのは、Apple Watch Series 6 44mm ブルーアルミニウムケースだ。これまでシルバー、スペースグレー、ゴールドの3色展開のみだったが、今回、アルミニウムも出るにブルーと(PRODUCT)REDが追加された。

ブルーアルミニウムケースは、品の良い落ち着いた群青色のボディで、美しく染色されている。そもそもアルミニウムへのこうした染色自体高い技術力を必要とするが、それを小さな時計のケースに惜しみなく活用している。光の当たる面はより明るい青に、光が当たらない陰の部分はより黒に近く感じるかもしれない。デジタルクラウンの部分も青いアルミニウムで作られており、セルラーモデルを表すアクセントとなっている赤いリングの意匠ともマッチしている。

次ページ新しくなったセンサー部
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT