話し方が突然うまくなる秘伝「ヤッホーの法則」

30秒で好印象に!「滑舌」も解消!凄すぎる秘策

一方で、ニューヨークのクラスでは、俳優でもあるコーチが、まずは「声が出る仕組み」を徹底的に解説してくれました。

最も重要なポイントは、「声は呼吸」であるということ。横隔膜、咽頭などなど、それぞれが「どういう動きをして、声が出るのか」を学んだうえで、「いかに全身を緩め、声を出すのか」を学びました。

それはのどや口だけの動きではなく、まさに「全身」を使ったエクササイズ。「聞きやすさ」「滑舌」を重視する説明スタイルの「アナウンサー的発声法」と、「腹の底から情念をほとばしらせ、観客の心を揺さぶるか」に勝負をかける「ブロードウェー式発声法」とでは、やはり目的もやり方もまったく違うということなのかもしれません。

滑舌や声の通りやすさ、大きさはもちろん大切ですが、そうしたうまさが心を打つとは限りません。「人を魅了し、動かす話し方」で大切なのは、以下の3つです。

「滑舌がいい話し方」より「自分らしい話し方」が大事

①「滑舌」より「個性」のほうが大事

確かに滑舌のよさは武器になりますが、社長や役員で、やたらと滑舌がよくて、アナウンサーのようにしゃべる人が、カリスマ性があるかと言えばそうではないですよね。

とつとつと話しても、時々つかえたとしても、「その人らしい話し方」のほうが、よほど共感されやすいものです。

②「ゆっくり」「大きく」より「変化」「抑揚」が大事

よくプレゼンなどで、「声は大きく、ゆっくり」などと教える人がいますが、同じトーンでがなり立てる政治家のつじ立ちが印象に残らないように、声は大きければいいわけはありません。

大切なのは「同じトーン」「同じ音量」「同じスピード」で延々と淡々と話し続けず、「変化」「メリハリ」「抑揚」をつけることです。

若い人向けにはスピーディーに、年配者向けにはゆっくり話すなど相手が心地いい速さで話すなどの工夫も大切です。

次ページ3つめの「人を動かす話し方」は?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT