50代で「定年前転職」を選んだ人の切実な本音

「定年70歳時代」をあなたはどう生きるか

岐阜県高山市に生まれた西村さんは、信州大学農学部を卒業し、1988年に大洋薬品工業(現・武田テバファーマ)に就職します。10年後の1998年、新聞求人欄で見つけた外資系企業に転職。臨床試験の手配などで病院を回りました。

自然とマネジャーになり、10人ほど部下を抱えますが、「管理職はつまらない」とヤンセンファーマに移ったのが2002年のこと。給料は下がっても、現場を回ることを望んだのです。それでも年齢を重ねると、管理職は避けられません。また部下を持つマネジャーになり、2014年10月には研究開発本部で部長職に昇進します。

その頃、会社の指示で英会話学校に通い始めた西村さん。そこで講師を務める南アフリカ出身の60代男性に、こう言われます。

「毎朝、むすっと黙って満員電車に揺られて、お前たち日本人は幸せなのか?」

西村さんは、この一言から自身の仕事と人生について、考えを巡らすようになりました。

限界集落への移住

30年に及ぶ製薬会社勤務のキャリアに別れを告げる──。退職を決意した西村さんの脳裏には、少し前に見た光景が浮かんでいました。ドライブで訪れた新潟県十日町市の棚田です。雪国の山間部の傾斜地に、階段状に広がる水田。棚田は美しい田園風景を織りなし、人気の観光スポットになっています。しかし、その耕作に並々ならぬ時間と労力を要することは、あまり知られていません。

西村さんは、都内で開かれた「地域おこし協力隊」の募集イベントで、十日町市のブースを訪れました。「地域おこし協力隊」とは、都市部の若者などに地方に移住・活動してもらい、定住につなげようと総務省が2009年度から始めた事業です。国の補助を受けた自治体が「隊員」を募ります。2019年度の隊員数は、全国1071の自治体で5349人。そのうち7割が20~30代で、50~60代は約1割にすぎません(総務省による)。

西村さんがのぞいた十日町市のブースは若い人でにぎわっており、自分でなくてもよい感じがしたといいます。手持ちぶさたにしていると、突然、声をかけられました。

『老後レス社会 死ぬまで働かないと生活できない時代』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします )

「農業やりたい?」

声の主は、十日町市に隣接する魚沼市の職員でした。西村さんに、同市福山新田地区への移住を勧めます。福山新田は魚沼市の中心部から車で約40分の山あいにあり、住民約130人の半数以上を65歳以上が占める、いわゆる「限界集落」です。

自分を試すなら、中途半端な場所よりいい。西村さんはそう考え、退職から間もない2017年4月に移住しました。その春から稲の無農薬栽培に挑みます。

「地域おこし協力隊」隊員の任期は2020年3月末で終わりを迎えました。しかし西村さんは集落に残り、新たに魚沼市と「地域おこしアドバイザー」の契約を結んで、他の地区も含めた市への移住希望者をサポートすることになりました。

西村さんには、政府や企業がとなえる「働き方改革」の視野が狭すぎるように思えてならないそうです。そして、このように言います。

「問われているのは『働き方改革』ではなく『生き方改革』ではないか」

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT