50代で「定年前転職」を選んだ人の切実な本音

「定年70歳時代」をあなたはどう生きるか

2013年6月に退職。青森出身の横山さんは「東北の被災地で力になりたい」と、役立ちそうな免許や資格の取得に全力を挙げました。整体ボディーケアセラピストとして働いたこともあります。

そんな横山さんに転機が訪れたのは2014年の春。三陽商会の先輩から「川内村の温泉施設を手伝わないか」と誘われたのです。二つ返事で引き受け、大車輪で働きました。そして、この職場でのさまざまな出会いから、第2の人生が本格的に幕を開けます。2016年6月、横山さんは川内村に移住します。

今、横山さんは「あぶくま川内」の実質的な経営者です。施設で販売するのは1匹500円のイワナや入浴料600円の日帰り温泉など。一方、三陽商会時代に扱った商品は1着10万円のコートや4~5万円のスカート。単価の差は歴然です。

ただ、三陽商会の商品には価格に見合う理由がありました。それは店舗のラグジュアリー感や丁寧な接客といった、顧客第一の「ホスピタリティー」です。横山さんは川内村の施設でも、このホスピタリティーを大事にしようと日々、奮闘しています。

「この年齢で、これだけやりがいのある仕事に出合えたことに感謝します。元の会社にしがみついていたら、このモチベーションは維持できなかったでしょう。いったん、すべてをリセットして、ゼロからスタートしたことが大きかった」(横山さん)

営業職から農業、地域おこしへ

最後に紹介するのは、製薬会社勤務から農業に転じた元部長のケースです。会社勤めを辞めて農業を中心とする地域の社会に飛び込むのは、企業間の転職とはまた違った覚悟を求められるはずです。何が彼の決断を後押ししたのでしょう。

2016年9月の朝、外資系製薬会社ヤンセンファーマの部長職だった西村暁良(にしむら・あきら)さん(53歳)は、JRの駅からオフィスへ歩く途中、ふと思いました。

「辞めようかな」

その日のうちに上司に話し、年末には部下たちに伝え、2017年3月末に退職。仕事に不満があったわけではなく、仲間にも恵まれていました。でも、もう製薬業界に戻るつもりはありませんでした。

次ページ自分を試すのに飛び込んだ場所は
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT